派遣の仕事体験談

コールセンターでバイトした経験は就活でも役立つ?

コールセンターのバイトをしてきた経験は、就活に役立つのか?

結論から先にいうと、コールセンターのバイトは就活に役立ちます。

また就活だけでなく実際に働きだしても役立つ経験となります。

その理由はコールセンターで働くと、

↓社会人の基礎である下記の3つのスキルが自然に身につくからです。

Sponsored Links

・コミュニケーション能力
・正しい言葉使い
・営業力(発信業務)orクレーム対応能力(受信業務)

これから就活に役立ちスキル3つを詳しくご案内いたします。

1.コミュニケーション能力

社会人として一番大切なスキルがコミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力は相手の要望や気持ちを正しく理解し、自分の意見や説明を相手に分かりやすく伝えることです。

話すだけでも聴くだけでもなく両方大事になってきます。

Sponsored Links

コールセンターでは様々なお客様と電話対応し、お客様に合わせた電話応対が求められます。

決してマニュアル通りにはいかない対応経験はコミュニケーション能力が磨かれ、学生時代に頑張ったエピソード話の対策にもなります。

2.正しい言葉遣いが身につく

正しい言葉遣いは社会人になってからはもちろん就活にも大いに役立ちます。

コールセンターに勤務すると、今までは使ってこなかった丁寧な言葉や敬語も正しく身につきます。

現在、敬語なんてよく分からないとういう方も研修で勉強できるので安心してください。

正しい言葉遣いをしていると就活の面接でもよい印象を与えられます。

3.営業力やクレーム対応能力が身につく

仕事内容が発信業務であれば、お客様への提案電話がメインとなるので学生のうちから営業力が身につきます。

受信業務であれば毎日掛かってくる電話の中に稀にクレーム対応が必要なケースがあります。

営業やクレーム対応は大変そうだという印象で進んでやれる人は少ないですが、社会人になってからも使える再現性の高いスキルです。

大学生のうちから営業やクレーム対応の経験があることは就活で大いにPR出来ます。




Sponsored Links

-派遣の仕事体験談
-

© 2021 家村ブログ