派遣の仕事体験談

コールセンター勤務だけどクレームが理不尽すぎる件

コールセンターで働いていて一番辛いのは、やっぱりお客さんからのクレーム。

中には「そんなん知らんがな…」と思わざるを得ない理不尽なものもあります。

理不尽なクレーム対応に負けないためには、自分自身のメンタルのケアをすることがとても重要です。

コールセンターではクレーム対応がつきものですが、ストレスをためずにうまくやり過ごすことが長く続ける秘訣です。

Sponsored Links

では具体的にどのようにメンタルケアをするのか見ていきましょう。

クレーム対応から自分を守る方法

自分自身を守るには、クレームの相手が自分ではなく会社に言っているのだと意識することです。

クレーム対応をしているとひどく落ち込み、人によっては「自分はダメな人間」なのではないかと思う人もいると思います。

クレーム先が会社だと意識し、あえてお客様と自分との間に距離をつくることで冷静になれます。

距離をつくることで、お客様から投げかけられるひどい言葉のショックを抑えることができます。

何を言っても通じない理不尽すぎるお客様のときは

Sponsored Links

悪質すぎるモンスタークレーマーの対応では「自分のせいではなく相手の機嫌がわるいだけ」と思うことが大切です。

クレーマーの中には無理難題な要求する人や、一言しゃべる度に揚げ足を取る人もいます。

そんな理不尽すぎるクレーマーにはまず上司と相談し、毅然とした姿勢で臨みましょう。

また必要以上に謝ったりせずに余計な話もあまりしないことがポイントになってきます。

コールセンター3年勤務の私の実体験

私自身は日々仕事をするなかで多くのクレーム対応を行っています。

「訴えてやる」や「お前は仕事が出来ないのか」、

「ふざけるな、馬鹿野郎」といった罵倒を言われたこともあります。

もちろん入社したての頃はお客様から言われる一言一言が心に刺ささり落ち込んでしまうことも多かったです。

そんな私でもお客様との間に距離をおき、お客様が怒っているのは自分のせいではないと意識するとストレスが随分と軽減されました。




Sponsored Links

-派遣の仕事体験談
-

© 2021 家村ブログ