派遣の仕事体験談

コールセンターの仕事で働くメリットとデメリット

世の中にはいろんな種類の仕事がありますが、

その中でコールセンターとして働くことにはどういうメリットやデメリットがあるでしょうか。

この記事では、これから未経験でコールセンターでお仕事をしたいと考えている方に、

コールセンターで働くメリットとデメリットをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

(メリット1)タイピングスキルが身につく

電話をしながら打ち込んでいくため、会話のスピードに合わせたタイピング速度、またブラインドタッチのスキルが身に付きます。

業務知識が身につく。

コールセンターにはカスタマーサポートやテクニカルサポート等種類がありますが、商品や業務知識がなければ対応できない事がほとんどです。

自然と専門性が身に付きます。

(メリット2)コミュニケーションスキルが身につく

言葉だけでのお仕事です。

対面よりも情報量が少ない為、常に相手の声色を気遣い、どのような言葉選びで伝わるかを考える事も仕事の一つです。

コールセンターのお仕事を続けているとコミュニケーションスキルも当然高くなります。

(メリット3)場所を選ばずに就職できる

Sponsored Links

上記で挙げた通り、様々なスキルが身につく事によって、一度コールセンターでお仕事をすると、基本的な電話応対が身に付きます。

例えばコールセンターという業界は変えずに転職を考えた場合も、全国各地どこにでもコールセンターはありますので、比較的就職先に困る事はないでしょう。

たとえ違う商品を扱っている場合でも、基礎部分の研修は省く事ができるので、経験者を雇うのは採用側にとってもメリットです。

求人誌でも「経験者優遇」の記載をよく見かけますよね。

(デメリット1)座りっぱなしのデスクワークなので、身体がこりやすい

一日中PC画面をみて、同じ態勢でのお仕事です。

また、いつ電話が鳴っても対応出来るよう、基本的に常に自席に着座しています。

その為社内を歩き回る事もなく、一般的な事務職よりも座っている時間が長い為、運動不足や身体のコリの原因に陥りやすいお仕事です。

(デメリット2)メンタル面で落ち込む人も多い

コールセンターといえば、クレームが多いという印象も強いですよね。

まるで自分への不満や文句を言われているように感じることもあります。

手続きや問題解決等、電話をかける明確な目的があってお電話を下さる方がほとんどです。

その目的がクレームであったり、何らかの理由があり電話で目的が達成されない場合、クレームに繋がったりします。

お客様の声の入り口として、お困り事の最後の砦として、

クレームの裏側にあるお客様の気持ちを汲み取りながらうまく付き合っていけると良いですね。

自由に働きたい人におすすめ!自分で勤務時間を決めて働こう

  • いまは外になるべく出たくない…。でも生活費は稼がないといけない。
  • 平日昼間は忙しいので、空き時間や土日を活用して効率的に稼ぎたい。
  • シフトが増えたり減ったり…がもう嫌。
  • がんばったらがんばったぶんだけお給料になる仕事がしてみたい!
  • とにかく高時給!お金をたくさん稼ぎたい!

↑こんな悩みをお持ちの方、

いまはきっと多いのではないでしょうか。

管理人

そんな方におすすめなのが完全在宅のコールセンター業務です。

コロナ禍で通販需要が爆発的に増加したことで、

コールセンターの仕事の需要がとても増えているんですよ。

(↓完全在宅で時給換算2000円以上で働く人もいます)

↓ただ、こんなに自由にたくさん稼げるのはひょっとしたら、

いまのタイミングで始めた人だけかもしれません。

時間が経つと経験者から優先的に採用されるようになるので不利になるからです。

未経験から始めてみたい人は、

いますぐ無料アカウント登録だけでもやっておくことをおすすめします。

(↓次に見た瞬間にはすでに応募締切になっている可能性もあります)

\ 完全在宅で働こう!時給2000円以上も可能/

公式サイトで説明を見る




Sponsored Links

-派遣の仕事体験談
-

© 2022 家村ブログ