コールセンター派遣社員の体験談

コールセンターは辞める人が多い?よくある退職理由とストレスなく続けるコツ

2021年5月28日

コールセンター 辞める人が多い

(コールセンターは辞める人が多い?離職率が高い理由とは?)

  • コールセンターは辞める人が多い?
  • 離職率が高い理由ってなに?
  • ストレスなく働けるコールセンター求人を見つけるには?

コールセンターは時給も高めで、

服装などの条件も厳しくないため人気の職種ですね。

ただ、コールセンターって

短期間で辞める人が多いのも現実です。

職場によって働く環境がかなり違うんですよね。

体験者

この記事では、実際にコールセンタースタッフとして働いている私が、

コールセンターを辞める人が多い理由について紹介します。

ストレスをためることなくコールセンターで長く働くためのコツも紹介しますので、

参考にしてみてくださいね。

コールセンターは辞める人が多い?離職率が高い理由4つ

コールセンター 辞める人が多い

(コールセンターであるあるな退職理由とは?)

コールセンターを辞める人が多い理由

(離職率が高い理由)としては、

↓以下のような理由が考えられます。

体験者

1. クレーム処理の多い職場で働いている場合

コールセンターを辞める理由の多くが、

お客様からのクレームによるストレスです。

ただ、コールセンターの中にはクレーム処理が少ない職場もあります。

たとえば「予約受付・注文処理の仕事」などのコールセンター求人なら、

クレーム処理はほとんどないですよ。

すでに商品の購入を決めていて、

これから申し込みをするお客様が相手になるからです。

>>予約受付・注文処理のコールセンター求人で時給を見てみる

2. 発信業務(テレアポ)でノルマがきつい

コールセンターの仕事には、

↓アウトバウンドとインバウンドの2種類があります。

  1. アウトバウンド(発信業務)
    自分の側から営業の電話をかけるコールセンター業務(テレアポ)
  2. インバウンド(受信業務)
    お客様からかかってくる電話を取るコールセンター業務(テレオペ)

アウトバウンド(発信業務)は、

簡単に言えば自分から電話をかけて、お客さんにセールスをする仕事です。

アウトバウンドはものすごく時給がいいのですが、

営業ノルマなどが設定されていて仕事がきついことが多いですね。

セールスに自信があってどんどんお金を稼ぎたい人はアウトバウンドはおすすめですが、

自信がない人やあんまりきつい仕事をしたくない人は、

時給がやや下がってもインバウンド(受信)のコールセンターを選ぶのがおすすめですよ。

3. 専門用語を覚えるのが大変

コールセンターは、言葉遣い・電話マナー・長文のマニュアルセリフなど、

細かいルールが多く覚えられずに辞めてしまう人もいます。

しかし、これは最初のうちだけだったりしますね。

1ヶ月もすれば言葉遣いなんて

自然に出てくるようになりますよ。

体験者

逆に言うと、1ヶ月たっても慣れない場合は、

その職場での仕事はちょっと向いていないかもしれません。

コールセンターでつちかうマナーは、

今後どの職場に出ても対応できる強いスキルです。

最初のうちはちょっと気合を入れて頑張ってみましょう。

4. 社内のサポート体制が弱い職場で働いている

コールセンターの中には、

Sponsored Links

人の出入り(新人が入ってきたり、辞めたり)がとても多い職場もあります。

スタッフは「使い捨て」みたいな感じで、

上司に相談したり、配置を変えてもらったり…

ということをなかなか柔軟にやってもらうことができません。

私自身、働き始めて3ヶ月以内に

ほとんどの人が辞めてしまう…。

みたいな職場で働いていたこともあります。

体験者

こういう職場では、逆に言えばすぐにベテランになれるので、

最初のハードルを超えてしまえば楽になるという側面もあります。

働く人の側としても、ひとつの職場でねばり強くがんばるよりも、

いくらでも他の仕事があるのでそちらに移ってしまうというのもありますね。

>>コールセンターで働くなら時給にだけはこだわるべき理由

コールセンターで「すぐ辞める人」にならないためのコツ

コールセンター 辞める人が多い

(コールセンターで「すぐ辞める人」にならないためのコツ)

 

それでは、コールセンターで「すぐ辞める人」

になってしまわないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

この仕事を長くやっている身として

アドバイスさせていただくと、

↓以下のようなことを知っておくと良いと思います。

体験者

1. とにかく「自分に合う職場」を見つけること

コールセンターをすぐ辞める人にならない最大のコツは、

ストレスをできる限り感じない職場で働くことです。

当たり前のようですが、これがなかなか難しいのです。

入社前にどれだけ「良い職場です」ということを説明されても、

それが自分自身に合うかどうかはわかりませんからね。

(結局は自分で体験しない限りわからない)

なので、コツとしては「お試しで入社」を何件かやってみることです。

これはバイトだとなかなか難しいので、

コールセンターで働くなら派遣スタッフがおすすめです。

派遣の場合、派遣会社に登録されている求人がたくさんあります。

合わないと感じたら別の仕事をすぐに紹介してもらえますよ

体験者

バイトよりも派遣の方が時給がかなり高めに設定されているのもポイントです。

短期間でもコールセンター経験があれば、

「経験者」としてより良い条件で次の職場を紹介してもらうことができます。

>>コールセンターで働くなら時給にだけはこだわるべき理由

2. 初心者はインバウンド・短期でがっつり稼ぐならアウトバウンド

すでに説明しましたが、

コールセンターで働く場合、2通りの選び方があります。

(インバウンド受信とアウトバウンド発信)

難易度が簡単で時給がやや下がるインバウンドは初心者向け、

経験者や短期で一気に稼ぎたい人は時給の高いアウトバウンドで働きましょう。

一般的には「アウトバウンドはきつい」と言われることが多い(そして多くの場合はそれは正しい)

のですが、アウトバウンドの方が向いている人も中にはいます。

同じコールセンター業務でも、

性格や適性によってどちらが向いているかは個人によって変わるのです。

アウトバウンドは時給がとても高いので、

適性があるならこっちで働けばものすごく稼げますよ。

高時給・ホワイト環境なコールセンターで働きたい人へ

(つらい環境で悩みながら働いている派遣スタッフの方は少なくありません)

  • 派遣なのに残業させられる…。
  • コールセンターなのに時給が安すぎ。最低でも1500円はほしい。
  • 職場の人間関係が地獄。一緒に働く人間が嫌いすぎる…。

↑こんな不満をお持ちの人ってとても多いと思います。

派遣ってバイトより良いイメージがありますが、

派遣先の企業によっては、

地獄のような環境になってることもあるので注意してください。

管理人

時給が高く、ホワイト環境なコールセンターで働きたいなら、

どの派遣会社を使うか?が決定的に重要です。

具体的には大手企業の求人に強い派遣サイトで求人を探すようにしましょう。

大手企業って「ここはブラック企業」とみられるのを恐れているので、職場環境が良好なことが多いんです。

ランスタッド

ランスタッドは大手企業の事務職求人が充実している派遣サイトです。

時給1700円〜のコールセンター求人や、
オフィスワークデビューOKの求人、
派遣から正社員へ登用あり求人など、
好条件な仕事が多数あります。

完全無料で使える鉄板の大手派遣サイトなので、派遣が初めての人も安心して使うことができますよ。
>>求人を見てみる(無料サイト)

(高時給コールセンターの求人例)

(未経験OKの事務求人例)

【未経験も時給1700円】大手企業の求人に強い派遣サイトを使おう

(大手企業のホワイト高時給求人を狙いましょう)

大手企業の求人に強い派遣サイトなら、

↓たとえば以下のような

コールセンター求人を見つけることができますよ。

管理人

  • 未経験でも時給1700円スタートのコールセンター求人
  • 時給2000円(月給30万円)も狙える夜勤コールセンター求人
  • 週3日出勤もOKのワークライフバランス重視求人
  • 正社員への登用もありな証券会社のコールセンター求人

(コールセンター求人の例)

(コールセンター求人の例)

(コールセンター求人の例)

(コールセンター求人の例)

>>派遣サイトに無料登録して求人を見てみる

今すぐは転職する気がない人も、

派遣サイトへの無料登録だけはやっておきましょう。

ストレスや疲労が限界を越えると、

派遣サイトに登録する気すら無くなります。

派遣サイトに登録して希望時給や勤務地を入力しておくと、

時給の高いホワイトなコールセンター求人が出てきたときに最速で自動通知してもらえます。

普段からこういう情報をストックしておけば

「どうしても今の状態がキツくなったら転職すればいい」

という選択肢を持つことができるんですね。

管理人

派遣会社のサイトは、

今すぐ転職する気がない人も求人リサーチに使えます。

希望する職種や勤務地・時給など、

サイト内で希望条件を細かめに入力しておきましょう。

マッチした求人が出たときに最速でメール通知してもらえますよ。

↓なお、派遣サイトはお金がかかるとか、

変な連絡が来るとかはいっさいありません。

情報収集だけしたい人も活用しましょう。

>>派遣サイトに無料登録して求人を見てみる

同じ仕事なのに時給に差がつくのはなんで?

例えば、こちらの2つのコールセンター求人は、

↓どちらも未経験者OKの求人であることに注目して下さい。

(派遣コールセンターの求人例①)

(派遣コールセンターの求人例②)

 

あたりまえですけど、

未経験者ってスタート時の能力はみんな基本同じですよね。

それでも稼げるお給料に差があるんです。

なんで時給に差がつくのか?というと、

私たち派遣スタッフの時給って、

派遣会社と勤務先会社の交渉で決まるからなんです。

派遣スタッフは派遣会社に所属して、

勤務先会社に派遣されるかたちで働きます。

このとき、派遣スタッフの時給って、

派遣会社と勤務先会社が交渉で決めているんです。

なので、自分の派遣会社が弱小企業で交渉力が弱かったり、

担当の営業マンがダメダメだったりすると、

そこで働く派遣スタッフの時給も安くなってしまうんです。

これはあなたが能力的に優秀か?

優秀でないか?は関係なくそうなってます。

プロ野球選手がどんなに個人成績良くても、

チーム(派遣会社)が弱かったら勝てませんし、

年俸も安くなりますよね。それと同じです。

体験者

なので、派遣スタッフとしてお給料を上げるために重要なのは、

どこの派遣会社を使うか?なんです。

ダメな派遣会社を使ってしまうと、

仕事めっちゃがんばってるのに時給が激安…

みたいな最悪なことになるので注意しましょう。

>>個人的におすすめの派遣会社はこちら

派遣として働くときに一番大切なこと

派遣として働くなら、

どこの派遣会社を使うか?が決定的に重要です。

なぜかというと、それによって同じ仕事をしていても時給がぜんぜん違ってくるからです。

↑これから派遣スタッフとして働く人は、

これだけは絶対に知っておいて下さい。

これを知ってる人と知らない人とでは稼ぐ額にめっちゃ差がつきますよ。

あと、すでに派遣スタッフとして働いている人も、

うちの派遣会社ってほんとに大丈夫なのかな…?

って一度は疑ってみたほうが良いです。

能力高いし仕事がんばってるのに時給が安い…

って悩んでいる人の多くは使っている派遣会社が悪いです。

ダメな派遣会社とか使えば使うほど損なので、さっさと乗り換えましょう。

派遣会社なんて何社使っても無料ですし、

乗り換えなんてみんな普通にやってますからね。

体験者

>>交渉力の高いおすすめの派遣会社はこちら

時給の安い職場は人間関係も最悪…

これは私の実体験こみですが、

お給料が安い職場って、人間関係も最悪です。

みんな「なんでこんな安い給料でこんなしんどいことを…」

みたいに苦痛感じながら働いてますから、イライラしてるんですよね。

特に未経験者の人は、

こういう職場でスタートしないほうが良いです。

ろくに研修もしてくれず、

習ったことの仕事でミスしたら叱責…。

みたいな辛い働き方になることもありますよ。

体験者

コールセンターはクレーム処理などもときどきありますから、

少なくとも職場の仲間同士は仲の良い環境で働いたほうが良いです。

ちゃんとお給料をもらえる環境で働いてこそ、

職場の他の人にやさしくできるものです。

人間関係のストレスが少ない職場で働きたい人も、

↓採用時の時給にはこだわって仕事を探すようにしてみて下さいね。

(ランスタッド派遣には大手企業のコールセンター求人が豊富です)

\ 高時給のコールセンター求人多数!/

無料登録して求人を見てみる




Sponsored Links

-コールセンター派遣社員の体験談
-

© 2022 ノーストレス派遣のすすめ