アルバイトの体験談

ファミレスバイトやってて「あるある」なのがこれです

ファミレスバイトで「あるあるなできごと」ってどんなことでしょうか?

この記事では、ファミレスでかなり長い年数働いた経験のある私が、

ファミレスバイトで「こういうことよくある」というできごとをお教えします。

これからファミレスでバイト始めようかなと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

とにかくつらい!混雑時のあるある

ファミレスは混雑している時間は非常に忙しいです。

しかもバイトが少ない人手不足の状態だと、ものすごく大変になります。

人員が少ないときのピークがつらい

ほとんど混まない平日や、深夜時間帯は基本的には人員は少なめに配置されています。

お店にもよりますが、ホール2人とキッチン2人でまわすことがほとんど。

Sponsored Links

しかし、思いがけず混雑することもあり、どうにもこうにも手が回らなくてお手上げ状態になることもあります。

お客さんが引いた後のバッシング(テーブル片付け)の嵐

一気にお客さんが来てピークが来れば、帰るのも大体同じタイミングです。

お客さんが帰ったと思ってホッとするのも束の間のことで、次のお客さんをすぐに席にご案内出来るよう、片っ端からバッシングに追われます。

トイレもいけない忙しさ

どんなに仕事が忙しくても、とにかく目の前のお客さんが優先です。

私がバイト中に、どうしてもトイレに行きたくなってしまったことがありましたが、店長にすごく嫌な顔をされました。

これでは、トイレも行ける雰囲気ではありませんね。

食材が品切れになることも

食材の発注をする際には、過去のデータに基づいてお客さんの混雑状況に応じて発注数を決めています。

ただ、予想していたよりも売れ行きが好調で品切れになってしまうこともありました。

Sponsored Links

どうしても必要なものは、近隣の店舗に借りに行ったりもできるんです。

私がバイトをしていた時には、ハンバーグが品切れになってしまったことがありました。
もしファミレスに食べに行ったときに、ハンバーグが売り切れだったらびっくりしますよね。

新メニューの対応あるある

ファミレスはしょっちゅうメニューの変更があります。

お客さんにとってはうれしいでしょうが、スタッフにとっては業務負担の増加以外の何者でもありません。

私が働いていたファミレスでも、メニュー変更の当日はいつもパニックでしたね。

新メニューの作り方は事前に試作会があったり、

ビデオを見てきちんと勉強するように言われますが、それでも当日はあたふた。

ハンディのレイアウトが変わったりするので、お客さんからの注文を受けるときにハンディのボタンが見つからずに内心焦る思いを何度もしたことがあります。

シフトのあるある

ファミレスのアルバイトは基本的にシフト勤務です。

ただこれが結構大変だったりするんですよ。

長期休暇などの鬼のようなシフト

年末年始・お盆・ゴールデンウィークなど長期休暇はファミレスのバイトの稼ぎ時!

とは言え、バイトでも12時~21時勤務、12時~0時勤務といった長時間のシフトを入れられるとさすがに気が滅入ります。

週3日程度と言ったはずなのに…

バイトの面接のときには、大体週何日くらい働けるかを聞かれるのが一般的ですね。

どこのバイトでもそうだと思いますが、シフトを決める際には事前に休みたい日を申請しておくことができます。

ただ、休みを希望したにもかかわらずシフトに入っていることも多々あるのが実際のところでした。

私の場合は週3日程度の勤務を希望していましたが、

結局人が足りなかったりお店の都合で希望通りいかなくてイライラすることも多かったですね。




Sponsored Links

-アルバイトの体験談
-

© 2021 家村ブログ