ライフハック

はがきはどこで買える?コンビニ?郵便局?購入場所の注意点

  • はがきは郵便局以外でどこで買える?
  • はがきを通常より安く購入できる場所は?
  • 急ぎでポストカードに印刷できるところってある?

出先ではがきが必要だったことを思い出したり、仕事などで急に大量のはがきが必要になった場合には、はがきはどこで買えるのでしょうか。

この記事では、はがきが購入できる場所やお得に安く購入できる方法をご紹介しますので、便利で賢くはがきを購入することができますよ。

はがきはどこで買える?購入場所一覧

「はがきはどこで買える?」

急にはがきが必要になった場合に、はがきを購入できる場所を知っておくと便利です。

これから、はがきが購入できる場所を6ヶ所ご紹介します。

郵便局

確実にはがきが買える場所は、郵便局です。

ただし、郵便局が閉まっている時間帯では購入できません。そのため、小さい町の郵便局では土日には、はがきが購入できないこともあります。

ほとんどのコンビニ

ほとんどのコンビニで、はがきが買えます。

24時間オープンしているコンビニでは、時間や曜日を気にせずにいつでも購入できます。しかし、大量に購入したい場合は、お店にある在庫は限られていますのでご注意ください。

大型スーパー(イオンなど)のサービスカウンターなど

大型スーパーのサービスカウンターで、はがきを取り扱っていることがあります。

スーパーでの買い物のついでに購入することができるので便利です。

ほとんどの大手デパート

ほとんどの大手デパートで、はがきを取り扱っています。

デパートで買い物をすることがあれば、はがきを購入するために郵便局などに寄る必要がないので手間が減ります。

店頭に「〒」の看板のあるお店

店頭に「〒」のマークがあるお店で、はがきを取り扱っています。

そのマークが付いていれば、文房具屋さんなどでもはがきは置いています。

観光地など

観光地などでも、その地域を象徴する絵葉書などが販売されています。

ただし、絵葉書の場合は切手を別に購入する必要となることが多いので、注意が必要です。

急ぎでビジネス用に挨拶状を大量印刷したいときは

↓ビジネス用途で大量のはがき(挨拶状など)を出す場合は、専門サービスを使うのがおすすめです。


日本最大級の挨拶状印刷専門店

↑ビジネス用の大量印刷であっても最短で発送してもらえますよ。

急に印刷が必要となった場合でも、大きく時間を短縮できるお役立ち・安心サービスです。

\ 宛名印刷0円!プロ品質!/

公式サイトで見る

はがきはどこで購入するのが安い?

はがきを購入する際に、どこで購入するのがおすすめなのでしょうか。

目的や費用に応じてトータルバランスで分析した、はがきが安く買える場所や方法をご紹介します。

年賀はがきを安く買う方法

年賀はがきは1枚63円ですが、それよりも安く年賀はがきを買う方法があります。(2019年11月時点の価格)

年賀はがきを安く買う方法

  1. 金券ショップ
  2. 郵便局のネットショップ
  3. エプソンダイレクトショップ

それでは、年賀はがきを安く買う手順をそれぞれ詳しくご紹介します。

①金券ショップ

金券ショップでは、年賀はがき1枚あたり62円で購入できます。

100枚購入した場合には6,200円となります。ただし、金券ショップが近場にない場合は、ネットで購入することになり、送料が高くつく場合がありますので確認しましょう。

②郵便局のネットショップ

郵便局のネットショップでは、年賀はがきを100枚でまとめて購入する場合は、1枚あたり62.38円で購入できます

クレジットカードでの還元率が1%とすると、63円引きされることになり、合計で6,238円で購入できます。送料も無料なので安心です。

③エプソンダイレクトショップ

エプソンダイレクトショップでは、年賀はがきを100枚まとめて購入する場合は、1枚あたり52.48円で購入できます。

エプソンではプリンター用の純正インクを購入すると、年賀はがきを5円引きで買える特典があります。ただし年賀はがきは50枚以上の購入が必須となります。また、最大でも200枚までしか購入できないので注意が必要です。

官製はがきを安く買う方法

政府が発行している官製はがきを安く買う方法あります。

官製はがきを安く買う方法

  1. 金券ショップで購入
  2. エコーはがきを購入
  3. ネット通販やフリマアプリで絵葉書を購入

①金券ショップで購入

年賀はがきの購入と同様に、金券ショップでは63円の官製はがきを1枚あたり62円で購入することができます。

はがきと同様に、切手も安く購入することができます。その安く購入した切手(未使用)を郵便局に持ち込むと、わずかな手数料(5円程度)ではがきに変更することも可能です。その際は、なるべく安い切手を大量に買うことがポイントとなります。

②エコーはがきを購入

エコーはがきは、1枚あたり57円で購入することができます。

エコーはがきとは、はがきの一部(3分の1以内)を広告媒体として企業等に提供し、その広告料で1枚あたり5円安くなっているはがきのことです。ただし、エコーはがきは発売期間がはっきりしていないので、はがきがすぐに必要な時には購入が難しいでしょう。

タイミングがよければ、フリマサイトなどで安く購入できることもあります。

③ネット通販はフリマアプリで絵葉書を購入

ネット通販やフリマアプリなどで絵葉書を安く購入することができます。

ただし、送料が発生することもあります。また、まとまった枚数で販売されていて、自分の希望する枚数以上を購入しなければならない場合もあります。そのため、予算と相談して購入を検討した方がよいでしょう。

はがきでインパクトを出したいのであれば、円形のはがきや横長のはがきなどもおすすめです。ただし、定形外になるので、普段の切手代より少し高くなってしまいます。

-ライフハック

© 2020 家村ブログ