派遣社員の転職活動

派遣の顔合わせで受からない原因は?職場見学前に知っておくべき対策ポイント

  • 派遣の仕事に応募して顔合わせまではいくけど、いつも受からない…。
  • 派遣は面接がないはずなのになぜ落とされる?
  • 職場見学の前に対策しておくべきことって?
派遣 顔合わせ 受からない

(派遣社員が「顔合わせ」で受からない原因理由は?)

 

派遣は本来、派遣先の企業が「面接」をするのが派遣業法で禁止されているはずです。

派遣先の企業は派遣スタッフが職場に来るまで

どういう人が来るのか?を知らない状態なのが本来のかたちなのですが、

実際にはこれは守られていないのが現実です。

「顔合わせ」や「職場見学」の名目で、

採用する人の事前面接を行なっている企業

がほとんどであることを知っておきましょう。

管理人

この「顔合わせ」に泣かされている…

という派遣スタッフの方は決して少なくないと思います。

今回は、顔合わせや職場見学後に受からない人によくある失敗について紹介するとともに、

対策として知っておくべきポイントを解説いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

派遣の顔合わせで受からない人がやってしまいがちな失敗3個

派遣の顔泡でいつも受からない…という悩みをお持ちの方が、

↓やってしまいがちな失敗事例として以下のようなことがあります。

それぞれの内容について、順番に解説しますね。

管理人

1.顔合わせ前に、派遣先企業の採用ニーズを把握できていない

何よりも気をつけておきたいことは、

顔合わせの前にしっかりと派遣先企業が求めている人材ニーズを理解しておくことです。

これは、派遣会社のあなたの営業担当が事前に教えてくれるはずです。

(ちゃんと仕事をしている営業なら)

管理人

派遣先企業の人事採用担当からくる質問は、

その企業の採用ニーズを事前に把握できているか?で採用確率がまったくちがってきます。

具体的には、あなたの派遣会社営業担当者が、

↓以下のような情報を事前にくれるか?チェックしてみてください。

  • 面接では会計仕訳ができるかを聞かれますので、復習しておいてくださいね
  • 電話を取ることに抵抗がない人が欲しいようですよ

↑良い営業担当ほど具体的な情報を事前にくれるものです。

どんなことを尋ねられるか、

なにを答えるのが妥当かをあらかじめ知っておくと面接であわてることがありません。

自分の担当営業が、企業の実態にマッチしたアドバイスをくれる人物であれば、

しっかり心の準備をして面接に臨むことができるでしょう。

>>希望の仕事で働くために!顔合わせや職場見学前に対策しておくべきこと

2.競争倍率の高すぎる仕事に応募してしまっている

派遣会社のあなたの担当営業は、競争倍率が高い仕事に応募する時に、

正直に「ここは難しいです」とアドバイスをくれていますか?

働く側にとって、

  • 仕事内容が簡単
  • 時給が相場より高い
  • 時間の融通が利く

などの条件が良い求人には、派遣スタッフの応募が殺到します。

応募が多ければ、当然競争率は高くなりますから、

派遣会社の「社内選考」のかたちで選考が行われることになります。

ライバルが多い分、当然ながら合格は難しくなるでしょう。

あらかじめ採用の可能性が低いのに、

顔合わせに出向くのは、時間と労力の無駄でしかありません。

管理人

人気な求人の応募倍率が高くなることは、

派遣会社の営業担当者であれば当然承知しているはずですよね。

優秀な営業担当ならきびしいことでもきちんとアドバイスしてくれますから、

応募の時点で競争倍率や採用の可能性についてアドバイスをするはずです。

3.派遣会社の営業担当者が、派遣先企業と信頼関係を構築できていない

ちゃんとした派遣会社の営業担当は、

派遣先の人事採用担当者と「どのような人材を必要としているか?」について綿密な打ち合わせをしているものです。

その打ち合わせ内容にもとづいて、

面接時の質問に対する好感度の高い回答の仕方をアドバイスしてくれるでしょう。

管理人

採用を担当している人事とあらかじめ打ち合わせをし、

事前に対策のポイントを教えてもらえるのですから、

本来なら答えを知っている状態でテストを受けるようなものですよね。

しかし、実際には派遣会社の営業担当の実力もまちまちです。

中には派遣先の企業とほとんど信頼関係が築けていない状態の営業マンもいます。

そんな営業マンに担当されてしまった派遣スタッフは悲惨と言わざるを得ません。

顔合わせ後、派遣元からの不採用の連絡で、

「年齢その他の条件が合わなかった」

「派遣先が求めている経歴やスキルを持っていなかった」

などの理由を説明されたことがあなたもあるかもしれません。

しかし、よく考えて見ればこれって顔合わせ前の時点でわかることですよね。

つまり、こういうケースで採用されなかったのはあなたのミスではなく、営業マンの問題なのです。

派遣社員が希望の仕事につくためには、あなた自身のスキルそのものよりも、

派遣会社の営業担当者が優秀かどうか?の方が重要であることをぜひ理解しておいてください。

Sponsored Links

希望の仕事で働くために!顔合わせや職場見学前に対策しておくべきこと

時給が良くて職場環境も良好な求人に採用されたいなら、

↓求人応募前に以下のようなことを知っておいてください。

  1. 派遣会社担当者との打ち合わせは超重要!
  2. とにかくやる気を見せる!
  3. あなたをしっかり応援してくれる派遣会社を使う

↑これらはいずれも重要なポイントです。

順番に見ていきましょう。

※なお、一番重要なのはこれです

管理人

1.派遣会社担当者との打ち合わせは超重要

派遣先との面接の前に、派遣会社の営業担当とは綿密に打ち合わせをし、派遣先の情報を聞き出しておきましょう。

特に、必要としているスキルや求められる人物像は、合否に直結する情報となります。

その際も、ただ聞いているだけの受け身の姿勢で臨むことはNGです。

自分から興味ややる気をアピールし、実際の面接でも援護射撃をしてもらえるように準備しておきましょう。

2.とにかくやる気を見せる!

実際の面接では、派遣先の面接担当者に「一緒に働きたい」と思ってもらえることがいちばん重要なポイントで、合否の分かれ目と言っても差し支えないでしょう。

そもそも、派遣会社の社内選考を通過して顔合わせまで進んでいるわけですから、派遣先で採用される可能性は決して低くはないはずです。

また、せっかく面接までこぎつけた派遣先で合格して働くためにも、最初から自己PRやスキルをしっかり書いて応募することが大切です。

書類を書く時点で手を抜くと、自分のことがうまく伝わりません。

面接時点で違和感を感じれば、不採用にもつながるのです。

3.あなたをしっかり応援してくれる派遣会社を使う

最後に、これは一番重要なポイントなのですが、

そもそも「交渉力のある派遣会社を使っているか?」をチェックしてみてください。

派遣会社とひとくちにいっても、

営業担当者が何百人もいる大手派遣会社から、

全従業員10人ぐらいの規模の弱小派遣会社までいろいろあります。

弱小な派遣会社の営業は当然ながら交渉力も弱いですから、

派遣先企業の人事担当者の顔色を見ながら仕事をしているのが現実です。

こんな派遣営業が、派遣スタッフであるあなたを守ってくれるはずがありません。

管理人

派遣の顔合わせでいつも落とされる…

という人は、いま使っている派遣会社が本当にあなたのために仕事をしてくれているのか?

を再度考えてみてください。

もし、今の派遣会社の営業担当が頼りないようなら、大手の派遣会社を使うようにしましょう。

大手の派遣会社の営業は、顧客企業をたくさん持っていますから、

派遣先の企業担当者に対して強気で交渉してくれますよ。

派遣スタッフは使う派遣会社の良し悪しによって、

採用や職場環境に大きな差がついてしまうのが現実です。

あなた自身には何の責任もないのに、

使う派遣会社のつごうで落とされたりするのってムカつきますよね。

派遣会社は大手でも弱小でも使うのはどちらも無料です。

どうせ使うなら派遣スタッフのことを第一に考えてくれる派遣会社を選ぶようにしましょう。

Sponsored Links

-派遣社員の転職活動

© 2021 ストレスフリー派遣のすすめ