仕事の悩み

派遣で惨めと感じる瞬間5個(体験談)ノーストレス・高時給で働くコツを教えるよ

派遣で働いていると、

どうしても同じ職場で働く正社員の人たちと自分を比べてしまいがちですよね。

もちろん、それぞれ役割がありますし、職業に貴賎はないんですが、

ほとんど同じような仕事をしているのに、

正社員と給料や福利厚生がまったく違う…。

みたいなことがひんぱんにあると、

「派遣って惨めだな…」と感じてしまうこともあります。

ただ、ほとんどのケースで派遣を「惨め」と感じてしまっている方は、

ちょっとした「派遣で働くときのコツ」をご存知ないのが原因です。

これは絶対知っとかないと損です。

派遣でストレスなく(しかも高時給で)働くためにはコツがあるんですよ。

この記事では、派遣で働いていて思わず「惨め」と感じてしまう具体的な場面を紹介するとともに、

そこから抜け出して、

派遣だけどノーストレスかつ給料も高い

という状態を実現するための具体的な方法をお教えします。

Sponsored Links

派遣だからといって不必要に落ち込むのはやめましょう。

ポイントは「何でもかんでも自力でやろうとしないこと」です。

今までまじめに頑張ってきた人ほど陥りやすいワナなので、注意してくださいね。

派遣で働いていて「惨め」と感じる瞬間5個

派遣 惨め

(派遣で働いていて「惨め」と感じてしまう瞬間5個)

 

派遣で働いていて惨めと感じてしまう瞬間としては、

↓以下の5つがあります。

↑興味のあるところから読んでみてください。

(青文字クリックでジャンプできます)

管理人

>>とても時給の高い派遣の仕事を探したい方はこちらをどうぞ

1.社会的地位が低い

まず、派遣は一生働ける仕事ではないので周囲からの評価も冷たく、惨めに感じやすいポイントです。

派遣は就業期間が決まっていたり3か月ごとの契約更新を頻繁に迫られるため、いつでも切られやすく社会的地位が弱い立場になります。

しかし、だからこその派遣メリットもあるのです。

夢や目標があるからこそあえて派遣を選ぶ人や、

短期間だけ効率よく稼ぎたい人は派遣を選択する人も多いですよ。

2.仕事が安定しない

派遣は契約を切られたり、もともとの契約期間が終われば次の派遣先にうつるのが一般的です。

そのため、1つの派遣先に留まることが難しく、派遣は職場が安定しません。

ただし、1つの職場が終わったらすぐ次の職場を紹介してもらえる点や、同じ職場の人間関係に我慢し続ける必要もないのです。

Sponsored Links

職場がコロコロ変わるのが苦手な人はつらいかもしれませんが、そうでないならばむしろ派遣のメリットとも考えられます。

>>派遣を「惨め」と感じてしまう瞬間5つ(一覧)に戻る

3.自分より仕事のできない人が正社員にいる

同じ仕事をしていて自分よりも仕事ができないのに、相手は正社員で自分が派遣だと惨めに思いがちです。

しかし、雇用形態が違っていても同じ雇われ立場であることに変わりありません。

派遣という立場を差別する正社員も一部いますが、その人の小さなプライドを満足させているだけなので気にするだけ無駄です。

もしも、派遣を差別するような就業先に当たっても、次の派遣先をすぐに紹介してもらえるのも派遣ならではの強みですよ。

4.派遣先の職場で孤独感を感じがち

アルバイトや正社員は企業からの直接雇用であり、派遣の雇用先は派遣会社になります。

そのため、同じ企業で働いていても輪に入りにくく「派遣会社から来ている他社の人間」として扱われることも珍しくありません。

しかし、直接雇用の場合は職場での人間関係でトラブルが起これば逃げ場はありませんが、派遣ならばすぐに別の就業先に移れます。

また、同じ派遣会社から派遣されているスタッフがいれば、孤立しがちな環境下だからこそ派遣同士は仲良くなりやすいこともありますよ。

>>派遣を「惨め」と感じてしまう瞬間5つ(一覧)に戻る

5.優秀であるほど仕事が増えていく

オフィス内では優秀な人ほど損をするケースがあります。

仕事ができる人にみんな仕事を頼みたいのは当然ですが、派遣の場合は仕事量と責任が増えたところで時給は変わりません。

安請け合いをするのではなく、「自分はここまでしかしない、なぜなら派遣だから」と線引きをきちんとすることが派遣としてストレスなく働くコツです。

万が一、業務負担が増えてきた場合はすみやかに派遣元担当者に相談しましょう。

それでも業務内容が改善されないのならば、それは登録している派遣会社にも問題があるということです。

派遣でノーストレスで働くにはちょっとしたコツが必要

派遣としてノーストレスでお給料もしっかりもらえるようになるには、

ちょっとしたコツがあります。

具体的には「どの派遣会社を選ぶか?」が決定的に重要です。

ほとんどの人がここをなんとなく…でやってしまっているので、

派遣として惨めな働き方をせざるを得なくなっています。

↓例えば、あなたが今使っている派遣会社の担当者は、以下のようなことをきちんとやってくれますか?

  1. 新しい職場に入るときには面接(顔合わせ)に同席してくれ、話の内容をいろいろフォローしてくれる
  2. 時給の交渉を代行してくれる
  3. 職場に不満があるときに相談に乗ってくれ、職場の上司に対して改善を要求してくれる

↑きちんとした派遣会社の担当者なら、こうしたことをあなたの代わりにやってくれます。

特に、2.時給の交渉は重要ですね。

自分の時給を自分で交渉するってとてもやりにくいものです。

下手をしたら「金にがめつい人」という評価をくらいかねませんからね。

自分ではなかなか言い出しにくいことだからこそ、

そこを察して代わりに職場側に伝えてくれるのが、本来の派遣会社の役割なのです。

ダメな派遣会社にだまされている人が多すぎる

ほとんどの派遣会社員の人が、

上で紹介したような「きちんとしたサービス」を受けていないことが原因で、

派遣という働き方にネガティブな思いをいただいてしまっているのが現状です。

こうした状況から1日も早く抜け出したい人は、

ちゃんとした大手の派遣会社を使うようにしてください。

大手派遣会社は派遣先の企業に対してもきちんとものを言えますから、

あなたの代わりにあなたの時給や職場での待遇を交渉してくれますよ。




Sponsored Links

-仕事の悩み

© 2021 家村ブログ