派遣社員の仕事の悩み

派遣先がミスマッチで辞めたい…。契約期間途中で退職できる?状況別の対処法

派遣先の職場に入ってみたら「思っていた仕事と違った」ってこと、ありませんか?

仕事内容や人間関係・労働条件などがミスマッチなのに、

我慢して働き続けるのはとても辛いですよね。

管理人

そんな不安を抱えている派遣社員の方向けに、状況別の対処方法をご紹介します。

Sponsored Links

そもそも派遣って契約期間途中でも辞められるの?(法律のルール)

派遣 ミスマッチ 辞めたい

(派遣先の職場がミスマッチで辞めたい…。これって法律的にはどう?)

 

結論から先にいうと、

派遣契約期間の途中であったとしても、仕事を辞めることは可能です。

  • 法律的には大丈夫なのか?
  • 後から賠償請求されるようなことはないのか?

と不安な方もいらっしゃるかと思いますが、問題ありません。

やむを得ない場合は契約解除ができることが、

↓法律のルールで決まっているので安心してください。

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、
やむを得ない事由があるときは、
各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。

この場合において、
その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、
相手方に対して損害賠償の責任を負う。

民法第628条(やむを得ない事由による雇用の解除)

↑この条文の後半部分の表現

その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、
相手方に対して損害賠償の責任を負う。

が気になると思いますが、

これについても結論から言うと問題になるケースはほぼありません。

労働基準法という法律で、労働者に仕事をやっていく上で損害した時に、

↓その損害を賠償させることはしてはいけないルールになっているからです。

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、
又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

労働基準法第16条(賠償予定の禁止)

もちろん、仕事を途中で投げ出してバックれる…とかは

社会人のモラルとしてやめた方が良いですが、

職場の人間関係が合わない・仕事内容がどうしても苦痛…。

というようなケースで、

きちんと派遣会社を通じて仕事を辞めたいと伝えているのなら、問題になることは考えられません。

(民法第628条の「やむを得ない事由があるとき」に該当します)

>>派遣辞めたい時に具体的に何をどうしたらいい?の解説はこちら

今の職場を辞めたら次の職場を紹介してくれなくなる?

しかし、今の職場を辞めたら「次の職場を紹介してくれないんじゃないか」と心配になりますよね。

派遣社員がミスマッチになることはよくあることですし、別の求人も沢山あるので、心配ありません。

それでも不都合がある場合は、ひとつの派遣会社にこだわらず、別の派遣会社を使うことをお勧めします。

派遣会社によって求人もさまざまなので、選択肢が広がって、自分自身の成長に繋がります。

Sponsored Links

派遣先の職場がミスマッチで辞めたい!状況別の対処方法

派遣契約についての法律のルールを理解していただいたところで、

派遣先の職場をどうしても辞めたいときには、

具体的に何をどうしたらいいのか?についてみていきましょう。

状況別にとるべき対処法は異なるので、

↓あなたの状況に該当する対処法をチェックしてください。

管理人

1.仕事内容がミスマッチな場合の対処法

「新しい知識を得ることができる」とポジティブに考えて、進んで仕事をこなすことです。

実際に働いてみて、事前に聞いていた仕事内容と違うこと、実はよくあるんです。

私は就業後、聞いていた内容と違う仕事を要求されたことがあります。

最初は戸惑いましたが、積極的に仕事をこなしました。

それからは「新しい知識を得ることができる」とポジティブに捉えることを、心がけました。

ただ、仕事内容に大きな違いがある場合は、そもそも契約違反になることもあります。

派遣会社が派遣先の会社とのコミュニケーションを取れていない証拠でもあるので、注意が必要です。

2.人間関係がミスマッチな場合の対処法

「派遣社員だから」と割り切って、あまり関わらないようにするのが良い方法です。

人間関係は、職場に入ってみないと分からない部分が大きいので、ミスマッチになりやすいんです。

無理に取り入るために努力するのではなく、あっさりとした人間関係でも問題ありません。

実際に私も苦手な人には、深く関わらず作り笑顔で接していました。

しかし、どうしても苦手な人がいて、関わらなければならない場合は、ひとまず派遣会社の営業担当に相談してみるのが良いでしょう。

>>自分に「本当にマッチした」派遣の仕事を見つける方法

3.労働条件がミスマッチな場合の対処法

残業が多すぎる、または少なすぎる場合、派遣先の上司に業務提案をすることで、解消できる場合があります。

残業が多すぎる場合は、業務を効率化して、早く帰ることができるようにすると良いでしょう。

私が以前の職場で、毎日21時まで残業していたときは、手書きの伝票をエクセルで処理することを派遣先の上司に提案しました。

上司は私の提案を受け入れてくれ、20時には帰ることができるようになりました。

派遣先の会社としては、残業が少なくなることで、人件費も減るので協力的でした。

反対に、残業が少なすぎる場合は、新たな業務を提案することによって仕事量を増やすのも手です。

以前、私が勤めていた職場では、繁忙期に向けて派遣先の上司に新たな業務の提案をしました。

忙しい時期に向けて効率化するため、事前準備として契約内容の確認作業をすることになりました。

閑散期の残業を増やし、反対に繁忙期の異常な程の残業を、減らすことができました。

そして、派遣先の上司からは「業務改善の提案をしてくれて助かった」と評価してくれました。

純粋にだらだらと仕事をすることで残業を増やすと、自分自身の評価が下がってしまいます。

派遣先の会社にとってプラスになる提案は、受け入れてもらいやすいです。

しかし、そもそも派遣社員が業務改善をすることに対して、受け入れてくれない派遣先もあるので、注意が必要です。

自分の仕事の範疇を超えると、嫌がられることもありますし、派遣先の会社が派遣先にクレームを入れる場合もあるので注意しましょう。

Sponsored Links

-派遣社員の仕事の悩み

© 2021 ストレスフリー派遣のすすめ