派遣社員の仕事の悩み

派遣に求めすぎ!低賃金で契約以外の業務をさせるブラック職場への対処法

派遣社員として働いていて「この職場、派遣にいろいろ求めすぎだろ…」

と感じたこと、ありませんか。

実際、ほとんどの企業は派遣に求めすぎなのが実態なんですが、

派遣で働く人ってまじめすぎな人が多いので、つい振られた仕事を受けちゃうんですよね。

派遣はアルバイトやパートに比べると時給がかなり高いですが、

それでも正社員に比べるとかなり劣ります。

(ボーナスもありませんし)

それなのに正社員と同じような責任や仕事量を求められて、

割りに合わないと感じている人は多いと思います。

管理人

本来は、責任が少なくて人間関係も気楽なのが派遣で働くメリットのはずですよね。

せっかく派遣で働くなら、こうしたメリットを生かすかたちで働きましょう。

Sponsored Links

こんなこと求められてない?ブラックな派遣先職場あるある

派遣に求めすぎ

(派遣に求めすぎ!ブラックな職場あるある)

 

実際に「派遣に求めすぎ」な職場ではどのような状況になっているでしょうか。

↓あなたの職場では、派遣に以下のようなことを求めてきていませんか?

>>ストレス少ない・高時給な職場で派遣スタッフとして働く方法

1.能力がある派遣社員ほど低賃金で責任を求められる

能力が高い派遣社員は、責任ある仕事を任されがちです。

仕事ができる人ほど責任感が強いので、どんどん重要な仕事を押し付けられることが多いのです。

仕事のスピードも早いので残業代もつかず、結果的に低賃金になってしまうことってありますよね。

私は受発注の営業事務の仕事をしていたとき、同じような経験をしたことがあるんです。

私は同僚や上司から「仕事が正確で、早いね」と褒められることが多かったです。

積極的に派遣先の要求に応えることで、どんどん責任ある仕事を任されるようになりました。

仕事量が増えたにも関わらず、業務時間内に仕事を終わらせることを要求されるようになってしまったんです。

2.中小・零細企業の派遣先は派遣社員に能力を求めすぎる傾向あり

企業の規模が小さいほど、派遣社員に高い能力を望む傾向にあります。

中小・零細企業は、派遣社員も正社員と同じようにメイン戦力として採用する会社が多いからです。

反対に、大企業は能力の高い正社員が沢山働いているので、派遣社員はサポート的な位置付けのことが多く、要求は多くありません。

実際に派遣会社に話を聞くと、「小さい会社は即戦力、大きい会社はサポートを求めてることが多いよ」と教えてくれました。

会社の規模が違うと「こんなにも、求められる能力が違うんだ!」とびっくりしちゃいますよね。

3.正社員があまりにも無能

配属先の職場に、仕事ができない正社員がいることって、ありませんか?

私が派遣社員として働いていた職場では、正社員の倍の仕事量をこなしていました。

正社員はミスばかりで、派遣社員の私の方が仕事のスピードが早かったんです。

「正社員より、派遣の方が能力高いんじゃない?」なんて思っちゃいますよね。

Sponsored Links

ブラックな職場に都合良く使われないために!対処法を解説

上で見てきたような「ブラックな職場」で、

派遣社員が都合良く使われることを避けるための対処法を紹介します。

↓具体的には以下の3つですね。

興味のあるところから読んでみてください。

1.時給アップの交渉をしてもらう

派遣会社の担当に相談して、時給を上げてもらいましょう。

時給を上げてもらうことで、仕事に対するモチベーションを上げることができます。

実際に働いてみると、事前の説明よりも仕事が複雑で、ボリュームも多すぎることってありますよね。

少し大変な仕事でも時給が高くなったら、やる気が出るのではないでしょうか?

派遣社員の時給アップは派遣会社の売り上げにも直結するので、担当者も積極的に頑張ってくれます。

私が契約違反の無理な要求をされそうになったときは、実際に時給アップしてもらいました。

2.直接雇用へ変更してもらう

派遣会社を通しての間接的な雇用ではなく、直接雇用に変えてもらうという方法もあります。

具体的には、契約社員や正社員への切り替えですね。

ただ、この方法は派遣先の会社があなたの能力を非常に高く評価してくれるなら可能な場合もありますが、

現実にはなかなか難しいです。

↓※その理由についてはこちらの記事でくわしく書いています。

「派遣から正社員へ登用」が難しい理由がこれ

業務内容や賃金、条件の話し合いなどの契約書関係も自分でチェックしなければならないので、

大変な労力がかかってしまいます。

直接雇用は派遣会社にとって利益にならないので、担当者は消極的なことがほとんどです。

3.別の派遣会社に乗り換える

一番確実な方法は、別の派遣会社に乗り換えることです。

私が登録していた派遣会社は、トラブルが起こったときに素早く対処してくれました。

時給アップの交渉は、積極的に派遣先に話をしてくれたので、とても助かっちゃいました。

職場の別の派遣社員からは「派遣会社の担当さんが、ちゃんとしてるから羨ましい」と言われた経験があります。

トラブルがあっても、担当者は派遣先の会社側についてしまって、自分の味方をしてくれなかったり、時給アップの交渉はしてくれなかったみたいです。

派遣会社によって対応が全然違うなんて、びっくりですよね。

今の職場で沢山の責任を押し付けられるのは、能力が高い証拠です。

派遣会社を変えるときも、重要なアピールポイントになること間違いなし!

Sponsored Links

-派遣社員の仕事の悩み

© 2021 ストレスフリー派遣のすすめ