派遣社員の転職活動

派遣から正社員になれる人の特徴3つ!最短で正社員登用を狙える現実的方法を解説

派遣社員から正社員になれる人ってどんな人?って、考えたことありませんか?

社員を目指して転職しなくても、派遣から正社員になれる方法があるんです。

派遣社員から社員になるためのステップを、私の経験を踏まえてご紹介します。

Sponsored Links

派遣から正社員になれる人の3つの特徴

派遣から正社員になれる人

(派遣から正社員になれる人の3つの特徴とは?)

 

↓派遣から正社員になれる人の働き方には、以下の3つの特徴があります。

↑※青文字クリックでジャンプできます。

それぞれの内容について、順番に見ていきましょう。

1.派遣先企業があえて「この人は派遣ではなく正社員で雇いたい」と思える働き方ができる

派遣先の企業があえて、「正社員で雇いたい」と思える人材とは?第一には、人間性です。

単純作業で雇い入れられることが多い派遣社員。

そのため、「派遣だから、コミュニケーションは不要」と、思っている人もいます。

雇用形態にかかわらず、仕事をする上で、コミュニケーションは欠かせません。

コミュニケーションがとれない人は、周囲と歩調が合わせづらく、仕事に支障をきたしやすくなります。

派遣先企業の評価が悪いと、正社員登用の希望は持てません。

それどころか、派遣会社から、次の派遣先紹介が不可能になる場合もあります。

普通の作業をしたのに、自分の手柄を主張する人。

人の評価ばかりして、周囲に悪影響を及ぼす人はNG。

派遣先の企業に応じたスキルは必須です。

ヘルプで入ったはずなのに、仕事が滞るのでは意味がありません。

特に一緒に仕事をしている社員は、日々の業務や態度など、派遣社員の仕事ぶりをチェックしています。

企業からの評価が悪いと、ハイスキルでも、派遣の契約は継続できません。

社員を目指そうと思ったら、働きながら転職活動をした方がいいのか?と悩んだことありませんか?

社員の転職は、応募者が多くて、なかなか決まらないのが現状です。

しかし紹介予定派遣だと、社員へのハードルは、やや低めなんです。

決められた派遣期間を就業した後、双方の同意で、社員へステップアップすることが可能。

自分で転職活動するより、労力も期間も短く、社員へステップできる手段と言えるでしょう。

それに、派遣でも、直接雇用になる場合はあります。

私の場合、長期就業の派遣で就業していた企業で、「長期なら契約社員で働かないか?」とお話をいただいたことがありました。

スキルレベル的には、低めの職種です。

社員のサポート体制や、他部署での業務、正社員になる方法を説明していただきました。

派遣の良い点は、大手優良企業で働けること。

派遣が社員になれる可能性は、企業内の状況変化で、ゼロではないのです。

「正社員で雇いたい」思える人材は、スキルが高く、会社に貢献できる人。

しかしそこには、同僚の意見の影響力もあることを、注意しておかなければいけません。

>>派遣から正社員になれる人の「3つの特徴」へ戻る

Sponsored Links

2.派遣先の仕事内容に直接関連する資格やスキルを持っている

派遣先企業の募集要件で、必須になっている資格やスキルがあります。

経理経験者があると、ベースとなるスキルがあるので、業務にすぐ入りやすいです。

未経験でも、簿記資格を持っていると、教えて理解できるレベルと判断する企業もあります。

役員付きの事務や受付など、企業のイメージに直結する業務に携わる場合には、そのイメージを壊さないことが重要。

特に未経験者の場合には、秘書検定を基準にする企業があります。

外資や医薬業界、商社などに勤務する場合には、TOEICのスコアが重視されています。

業務で英語を使用するため、社会人としての基礎マナーに加え、英語力がポイント。

賃貸の間取り図面を作成したり、重要事項の説明をする事務職では、宅建が必須です。

金融や建設業界、不動産を扱う仕事に従事するには、宅地建物取引士の資格はかかせません。

大手の派遣会社が、スキルアップ講座として取り入れているofficeソフト講習会。

MOUS検定は、PCが使用できる判断基準になります。

派遣先企業は、PCの使い方から教えなきゃいけないの?という手間を回避できるため、募集要件に加えることがあります。

MOUS資格は、事務職だけでなく、営業や販売職などパソコンを使用する仕事でアピールできる資格と言えます。

目指す職種で就業できるように、関連する資格を取得することが大切です。

>>派遣から正社員になれる人の「3つの特徴」へ戻る

3.紹介予定派遣で働いている

3つ目にになりますが、実は一これが番重要です。

(というか、これがほぼすべてを決めるといっても過言ではないです)

派遣からスタートして派遣先企業に正社員として登用されることを目指している方は、ぜひ紹介予定派遣を活用しましょう。

紹介予定派遣というのは、最初から正社員として登用することを前提に、

↓派遣スタッフとして働く方法です(テンプスタッフが有名ですね)



半年後に社員を目指す!テンプスタッフの紹介予定派遣

↓もう少し具体的にいうと、

一定期間(6ヶ月程度のことが多いです)は派遣社員として働き、

派遣期間が完了したタイミングで正社員への切り替えを行うことを前提にした契約

ということになります。

もちろん、派遣として働いてみた結果、

「この会社で正社員として働くのはちょっと…。」

と思ってしまった場合には、あなたの側から正社員登用を断っても問題ありません。

(正社員になると人間関係や雇用契約の関係で仕事をやめづらくなるので、慎重に判断するのが大切です)

紹介予定派遣は、派遣から正社員になるための最短ルートといえます。

少しでも早く正社員になることを目指している方は、選択肢に入れてみてくださいね。

>>紹介予定派遣のかたちで募集されている実際の求人を見てみる

Sponsored Links

-派遣社員の転職活動

© 2021 ストレスフリー派遣のすすめ