派遣社員の転職活動

「派遣から正社員へ登用」が難しい理由がこれ。紹介予定派遣を突破口にしよう

  • 派遣から正社員に登用されるのって難しい?
  • なかなか正社員にしてくれない理由はなぜ?
  • 紹介予定派遣は普通の派遣とどう違う?メリット・デメリットは?
派遣から正社員 難しい

(派遣から正社員になるのは難しい?具体的な方法を解説します)

 

派遣社員として働いている方の中には、

今の仕事でがんばっていれば、派遣先の会社が正社員として雇ってくれるかも…

と期待を抱きながら働いている方も多いと思います。

しかし、残念ながら「派遣社員から正社員に登用」というキャリアはレアケースであるのが現実です。

派遣社員を使う会社というのは、

最初から「派遣スタッフには派遣向けの仕事をしてもらい、正社員には別の仕事を経験させる」というように

仕事と担当スタッフを厳密に分けていることが多いからです。

(なぜそうなのか?の理由についてはこのすぐ後で説明します)

ただ、絶対に派遣から正社員になることはできないのか?

というとそんなことはありません。

具体的な方法としては、

紹介予定派遣として求人を出している会社を選んで入職するのがおすすめですよ。

管理人

この記事では、派遣から正社員になるための具体的な方法について説明します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>結論から先にいうと「紹介予定派遣」なら正社員になりやすいです(メリットデメリットを解説)

Sponsored Links

派遣から正社員に登用してもらうのがなかなか難しい理由

なぜ派遣から正社員が難しいのか?というと、

派遣先企業(あなたが日常的に働いている会社)と、

派遣会社(あなたにお給料を振り込んでいる会社)とのあいだで

「派遣スタッフを勝手に引き抜かないこと」という約束がされているからです。

そもそも派遣会社というのは、

スタッフを企業に派遣して、その人に対して払われる給料の一部を手数料として受け取るビジネスをしている会社です。

派遣先の企業がスタッフを直接雇用にしてしまうと、派遣会社の取り分がなくなってしまうというわけです。

こういった事態をさけるために、

「派遣契約中に派遣スタッフを直接雇用にした場合は、違約金を払う」という約束をしているのが普通です。

派遣契約終了後も「引き抜き」はやりづらいのが実情

もちろん、この「スタッフの引き抜きをしない」という約束は、半永久的に続くものではありません。

派遣期間が終了すれば、

スタッフと派遣先企業との間でどういう契約をするかは自由になりますから、

派遣期間終了後に「派遣から正社員に登用」という形をとってもらうことは可能です。

ただし、派遣先企業というのは、通常は派遣会社と継続的な取引をしています。

たとえ派遣期間終了後であったとしても

「スタッフを正社員に引き抜く」ということをひんぱんにやってしまうと、

次のスタッフを紹介をしてくれなくなる可能性があるのです。

(特に、優秀なスタッフは派遣会社としても引き抜かれては困るので、優秀な人をまわしてくれなくなる可能性があります)

このような事情から、派遣先の企業としては

「リスクを負ってまで派遣を正社員にするのは避けたい」のが本音です。

優秀なスタッフであっても、そのまま派遣で勤務してもらう方が何かとつごうがいいというわけですね。

正社員になりたいなら最初から正社員求人を狙うべきだがリスクもある

上で見たような理由から「派遣から正社員に登用してもらう」のはなかなか難しいのが実際のところです。

なので、正社員として働くことを目指している人は、

最初から正社員の求人を狙って就活するのが一般的です。

派遣と正社員を比較すれば、当然正社員の方が条件は良いです。

雇用は安定していますし、ボーナスももらえますからね。

管理人

ただ、最初から正社員として入社することを目指す場合には、

↓以下の3つのデメリットがあることも知っておく必要があります。

  1. 就活にとても時間がかかる(3ヶ月〜半年以上)
  2. 自分に合う職場や仕事内容なのかわからない
  3. いったん正社員になってしまうと簡単には辞められない

正社員として働き始めるまでは、何かと時間と労力がかかります。

しかもいったん正社員になると、その会社との結びつきがとても強くなりますので、

もしミスマッチだった場合になかなかやめられない…というリスクがあります。

(ブラック企業に正社員として採用されるとか最悪です)

お試しで働いてから正社員になりたい人は「紹介予定派遣」を選択肢に入れよう

こうした「いきなり正社員になるリスク」を避けたい方におすすめなのが、紹介予定派遣です。

紹介予定派遣は、

通常の派遣社員と、正社員の両方のデメリットを解消するかたちの

比較的新しい雇用方法です。

管理人

ちなみに、2018年の統計データでは

全国3万117人の人が紹介予定派遣として働いています。

そのうち1万5453人の人が「派遣→直接契約」という切り替えに成功しています。

紹介予定派遣により労働者派遣された労働者数の推移と紹介予定派遣で職業紹介を経て直接雇用に結びついた労働者数の推移

紹介予定派遣として派遣された人数は、2018年度は前年に比べ微減。

一方、紹介予定派遣を経て直接雇用となった人数は増加しています。


一般社団法人日本人材派遣協会「派遣の現状」より

これまで通常の派遣スタッフとしてしか働いた経験がなかった方は、

紹介予定派遣として働くことも選択肢に入れてみてください。

「派遣でまずお試しで働く → 雇用環境が良さそうなら正社員になる」

というルートでキャリアアップしたい方は、

紹介予定派遣という働き方は非常にマッチすると思いますよ。

Sponsored Links

紹介予定派遣として働くメリット

通常の派遣スタッフではなく、紹介予定派遣として働くことには、

↓以下のようなメリットがあります。

  1. 最初から正社員登用の可能性のある企業で働ける
  2. 自分に合っている職場か?をきちんと見極めてから正社員になれる
  3. 就活しながらお給料を稼げる
  4. 派遣会社のスタッフが自分にあった仕事を提案してくれる
  5. 事務職未経験・オフィスデビューの人向けの求人がたくさんある

それぞれの内容について、順番に解説しますね。

1.最初から正社員登用の可能性のある企業で働ける

企業はなぜ紹介予定派遣を使うのか?

当然ですが、それは最終的に正社員を採用したいからです。

そもそも新たに正社員を採用する気のない会社はわざわざ紹介予定派遣なんて使わないですよね。

普通の派遣社員にきてほしいなら、一般派遣として募集をかけるはずです。

紹介予定派遣で募集をかけるということは、

将来的に正社員で働いてくれる人を探しているという意思の表れということができます。

必然的に、派遣から正社員になれる可能性は高くなります。

2.自分に合っている職場か?をきちんと見極めてから正社員になれる

紹介予定派遣はいきなり正社員になるのが不安な方がじっくり考えた上で入社を決められる仕組みになっています。

正社員は安定して働ける一方で、万が一職場が合わなかった場合に「辞めづらい」というデメリットがありますよね。

「百聞は一見にしかず」と、ことわざにもあるように実際に入社して業務を経験してみないと見えてこない部分は必ずあります!

入社前に「ここで長く働けそうか」なんて判断はつかないのが普通です。

そんな不安を取り除いた上で正社員になれるのが紹介予定派遣なのです。

3カ月~6カ月のお試し期間があるので、自分に合っている職場かじっくりと確かめることができます。

実際に働いてみて「なんか違うかも…」と思ったら、

派遣会社に伝えてその会社は断ればいいだけです。

3.就活しながらお給料を稼げる

紹介予定派遣は、お金をもらいながら「ここで本当に正社員として働いていいのか?」を見極めることが可能になります。

イメージとしては、派遣期間=就活と同じと思ってください。

「転職したいけど収入が途絶えるとキツいなぁ」

という場合でも収入を絶やさずに就活できるのは大きいですね。

お金の面でいうなら、

アルバイトなどと比べて派遣は時給が高いのもメリットですよ。

相場としては、一般事務で1,300円~1,400円程度で、専門職だとさらに高い時給で働けます。

4.派遣会社のスタッフが自分にあった仕事を提案してくれる

転職エージェントなどとは違って、

派遣会社のコーディネーターは実際に仕事をしてみた感覚に基づいてアドバイスをくれます。

例えば「前回の派遣先は○○のように感じた。だから次はこういうところで働いてみたい」

といったように、具体的な相談ができるのもメリットですね。

派遣会社は転職エージェントより派遣先企業の仕事内容・内情をよく知っています。

派遣先とスタッフ双方の事情を熟知しているからこそ

「この人ならあの職場で活躍できるのでは」というようなマッチングが非常に上手です。

5.事務職未経験・オフィスデビューの人向けの求人がたくさんある

紹介予定派遣は未経験でも挑戦できる求人が多いのが大きな魅力です。

「オフィスワークがしたいけど事務経験がないから厳しいかも…」

と考えている方は多いと思います。

確かに、事務職の転職では「経験者募集」と書かれているものもありますね。

でも、紹介予定派遣ならあきらめなくて大丈夫です。

紹介予定派遣はこれからオフィスワークデビューの人向けの求人が豊富にあるのもメリットです。

派遣会社でもOfficeソフトやPCスキルの研修等が受けられますので、

就業前にこうした研修制度を活用してみるのも良いですね。

Sponsored Links

  • この記事を書いた人
管理人

管理人

1985年生まれ。派遣社員として時給800円のブラック職場〜時給2000円超のホワイト職場までいろんな仕事をしてきました。 現在は当時の経験を生かしてキャリアカウンセラーの仕事をしています。 このブログでは派遣社員として「ノーストレスかつ高時給」を実現するための具体的な方法を紹介しています。 同じ働くなら、お給料が高くて人間関係も良い職場で働きたいですよね。 派遣で「おいしい仕事」を見つけるにはコツがあります。 これを知っているか・知らないか?で働き方に大きな差がついてしまうこともありますよ。 具体的な仕事の探し方を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

-派遣社員の転職活動

© 2021 ストレスフリー派遣のすすめ