派遣社員の仕事の悩み

仕事はそこそこでいい「私生活重視な人」に派遣がおすすめな理由

仕事なんてそこそこでいいから、

きちんと生活費を稼いで趣味や家族との時間をきちんと確保したい。

↑こんなふうに感じている方は、派遣という働き方も選択肢に入れてみてください。

(より具体的には「事務職派遣」がおすすめです。その理由はこちら

もちろん、生活の面倒をみないといけない家族がいるとか、

借金がたくさんあるという人は正社員として働くほうが良いでしょう。

↓その一方で、こういった状況の人は派遣で働くほうがメリットは大きいと言えます。

  • 夢や目標が別にあるけど、まだそちらでは十分に生活費を稼げないのでなんとかしたい。
  • 生活費は配偶者がある程度は稼いでくれているので、お小遣い程度の収入でいい
  • 短期間だけ働いて収入を得たい

なんとなく正社員・なんとなくパート…。

という選択をしてしまうと、

あなたが人生で本当に求めていることはいつまでたっても実現しませんよ。

以下では派遣として働くことのメリットやデメリットについて紹介しますので、

参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

「仕事はそこそこでいい人」が派遣で働くメリット

仕事 そこそこでいい

(仕事はそこそこでいい人にとって、派遣という働き方はメリットが大きいです)

 

派遣社員として働くことには、正社員やアルバイトと比較すると

↓以下のようなメリットがあります。

1.就業時間・場所が自分で選べて残業・休日出勤がほぼ無い

派遣で働くメリットは、自分都合で仕事が選べることです。

正社員でも同じ条件で探すことはできますが、実際入社してみると規定とは全く違う働き方を強要されるケースも少なくありません。

しかし、派遣の場合は就業条件外の業務は契約違反になるため、派遣先もしっかり遵守します。

万が一条件外の働きを求められても、派遣元担当に相談すれば「仕事はそこそこでいい」あなたを守ってくれるので安心ですよ。

2.プライベートが守られる

正社員ならば断りにくい面倒な人付き合いも、派遣ならば全て参加せずにすみます。

業務後に上司に誘われた飲み会は、正社員だと参加必須なケースも多いですよね。

しかし、派遣スタッフに就業時間外の付き合いを派遣先から強要することはルール上できません。

そのため、仕事後のプライベートタイムをしっかり確保でき、私生活を楽しむ時間が持てるのです。

>>派遣という働き方を選ぶデメリットはこちら

3.職場が「合わない」と感じたら働く場所を変更できる

派遣の大きなメリットに「辞めやすさ」があります。

派遣スタッフは数ヵ月に1度、派遣元担当との定期面談があるからです。

派遣元担当に「業務が合わないので派遣先を変えてほしい」とお願いすれば、「次の契約終了をもって終わりにしましょう。」とスムーズに手続きしてくれます。

派遣契約はおおよそ1ヵ月~3ヵ月ごとなので、契約更新に自分が承諾しなければそのまま派遣終了になるのです。

そのため、面倒な引き留めや交渉をせず、簡単に派遣先を変えられますよ。

4.アルバイトやパートよりも時給がかなり高い

アルバイトに比べて派遣の方が、短時間で効率的に稼げます。

なぜなら、アルバイトと派遣は共に時間給ですが、圧倒的に派遣の時給単価が高いからです。

同じ1時間働いた場合でも、バイトならば900円のところ派遣は1,500円もらえることも珍しくありません。

そのため、「仕事はそこそこでいい」と考える人にとって、効率的に稼げるのが派遣なのです。

Sponsored Links

派遣の中でも「事務職派遣」をおすすめする理由

このように、派遣で働くことにはさまざまなメリットがあるのですが、

もちろんデメリットもあります。

それは今から数年後になって「正社員としてのキャリアを積んでいきたい」とあなたが考えた時に、

履歴書や職歴書にかける内容が少なくなってしまうことです。

将来的に「この仕事をやりたい」というものが見つかった時に、

職歴書や履歴書の内容がとぼしいものばかりだと、

その仕事に挑戦したくてもスタートラインにすら立たせてもらえない…

ということになりかねません。

管理人

ひと口に「派遣」といってもいろんな仕事があります。

イベントスタッフや工事現場のような仕事から、

工場での梱包やピッキング作業などでもありますね。

これらの仕事はどうしても「職歴」としてはとても弱いです。

こうした状況を避けるためにも、

派遣の仕事をするなら「最低限のオフィスワークの経験を積めるもの」を選んでおくのがおすすめです。

具体的には事務職系の派遣ですね。

たとえ派遣社員であったとしても、事務職としてオフィスワークの経験があれば、

後から正社員になりたくなったときにその経験を自己PRの材料として使うことができます。

(職歴書や履歴書に書くことができます)

また、事務職の派遣は労働条件が良くて体力的に楽なものが多いですから、

いまプライベートでやりたいことがたくさんある人も両立しやすいです。

(残業や休日出勤もほぼないです)

仕事はそこそこでいいけど、将来に向けての準備もきちんとしておきたい。

とお考えの方は、ぜひ事務職派遣を選択肢に入れてみてください。

きっと後悔しない結果になると思いますよ。

Sponsored Links

-派遣社員の仕事の悩み

© 2021 ストレスフリー派遣のすすめ