派遣の仕事体験談

テレアポを仕事にするメリットとは?

この記事では、実際にテレアポスタッフとして働いた私の実体験から、

テレアポを仕事にするメリットやデメリットについて解説します。

参考にしてみてください。

テレアポを仕事にする最大のメリット=お給料が高い

テレアポのメリットは、成果を出すことで高いお給料をもらえることです。

派遣やパートのテレアポで働く場合はそもそも時給相場がとても高いですし、

契約社員や正社員で働く場合には、

成果に応じて大きな金額のボーナスがもらえたりしますね。

派遣やバイトのスタッフでも月給30万円以上稼げるケースもありますよ。

期間限定で集中的に働きたい人や、

他に夢や目標があって昼間の時間に働けない人が空き時間のバイトとして取り組む場合は非常に効率的に稼ぐことができます。

テレアポで成果を出すのは難しい?

ただ、テレアポで成果を出すのってとても難しいのでは?と感じている人も多いでしょう。

実際にテレアポとして長く働いているものとして言わせてもらうと、実はこの点は大きな心配はないです。

というのも、テレアポって「最初から買う気まんまんのお客さん」に電話をかけるからなんですよね。

テレアポ専業の仕事で働く場合、所属先の企業があなたに求めるのは「とにかくお客さんとアポイントを取ること」です。

なので、最初から渡されるリスト(電話をかける相手の一覧)は、なんらかのかたちで会社側に連絡を取ってきた人ばかりです。

Sponsored Links

こうした人たちはなんらかのかたちで会社が売っている商品やサービスにすでに興味がある人たちですので、

テレアポとして電話をかけたときにもきちんと対応してくれることが多いのです。

テレアポを普段の営業に取り込むことを考えている人へのアドバイス

上ではテレアポそのものを仕事にする人向けに書きました。

以下では「すでに営業マンとして働いているけど、新規開拓の効率を上げるためにテレアポの活用を検討している」人向けに書きます。

結論から言うと、営業マンがテレアポを実践することには大きなメリットがあります。

というのも、テレアポってめちゃくちゃ効率いいんですよ。

効率が良いとは、どういう事かと言うとテレアポの目的は基本的にアポイントを取ってお客様の元に訪問し営業する事ですよね。

テレアポをする事により、お客様に営業をする認識を持てせる事ができ、さらに話を聞いてくれる時間を抑える事ができます。

飛び込み営業にテレアポを取り込もう

例えばこれを飛び込み営業で行うと、飛び込みで相手先に入っても不在の場合もあり、とても効率がわるいんですよね。

飛び込みは不在の可能性もあるので1日に100人の人と離すなんてほぼ不可能なんです。

しかも飛び込んで誰か居たとしても、その人が話を聞いてくれるかもわからなし、そもそも飛び込んで営業をするのであれば、決定権のある相手に営業をしないと無駄な時間になりますよね。

どんなに良い営業をしたとしても契約する権利のない人だったら、無駄な時間になってしまいます。

なので飛び込み営業だと、とても効率が悪いんですよ。

しかしテレアポの場合は、電話で事前に決定権のある人にアポイントを入れれば、営業の内容次第で契約につながる可能性はあります。

そしてテレアポの段階で営業に行くと伝えているので、相手も確実に話を聞いてくれます。

さらにテレアポは電話はかけるだけの作業なので1日に100人と離す事も可能です。

自由に働きたい人におすすめ!自分で勤務時間を決めて働こう

  • いまは外になるべく出たくない…。でも生活費は稼がないといけない。
  • 平日昼間は忙しいので、空き時間や土日を活用して効率的に稼ぎたい。
  • シフトが増えたり減ったり…がもう嫌。
  • がんばったらがんばったぶんだけお給料になる仕事がしてみたい!
  • とにかく高時給!お金をたくさん稼ぎたい!

↑こんな悩みをお持ちの方、

いまはきっと多いのではないでしょうか。

管理人

そんな方におすすめなのが完全在宅のコールセンター業務です。

コロナ禍で通販需要が爆発的に増加したことで、

コールセンターの仕事の需要がとても増えているんですよ。

(↓完全在宅で時給換算2000円以上で働く人もいます)

↓ただ、こんなに自由にたくさん稼げるのはひょっとしたら、

いまのタイミングで始めた人だけかもしれません。

時間が経つと経験者から優先的に採用されるようになるので不利になるからです。

未経験から始めてみたい人は、

いますぐ無料アカウント登録だけでもやっておくことをおすすめします。

(↓次に見た瞬間にはすでに応募締切になっている可能性もあります)

\ 完全在宅で働こう!時給2000円以上も可能/

公式サイトで説明を見る




Sponsored Links

-派遣の仕事体験談
-

© 2022 家村ブログ