美容・健康の悩み

【目を大きくする方法】中学生でもできる!短期間で効果大なのはこれ!

  • 目が小さいことが気になって、鏡を見るのも嫌…。
  • 友だちと比べて目が小さい気がする。
  • 目が大きい子はどんなことに気をつけているの?

学校の友だちはもちろんのこと、雑誌やYouTube、TwitterやInstagram…様々なところで目が大きい子を見かける機会が多いと思います。

もちろん生まれつきもあるかもしれませんが、努力で目を大きくしている子も多いということをご存知ですか?

お金をかけずに、簡単に目を大きくできたら嬉しいですよね。

この記事では、中学生でも簡単にできる化粧や整形の必要なしで目を大きくする方法」をご紹介します。

Sponsored Links

目が小さく見えてしまう原因って?

目が小さく見える原因の一つに、まぶたが浮腫んで(むくんで)いると目が小さく見えるということがあります。

血液やリンパの流れが悪くなって余計な水分が肌の内側にたまってしまうことで、むくんでしまうのです。

人の顔の第一印象は目元で決まります。

女優さんやモデルさんのような大きな目に憧れる人は多いのではないでしょうか。

具体的にどんな行動が血液やリンパの流れを悪くするのか見ていきましょう。

寝不足・寝すぎどちらもNG!

寝不足になると、血行が悪くなって水分の流れも悪くなります。

水分の流れが悪くなってしまうことで、まぶたに水分がたまり目が腫れぼったく見えてしまうのです。

また、寝すぎた場合もずっとまぶたを動かさないことになるので、血行が悪くなってしまいます。

土日や長期休暇の時に長く寝た朝はまぶたが腫れていたという経験をした人も多いのではないでしょうか。

体を冷やさない!

体が冷えると血行が悪くなってしまい余分な水分がたまってしまいます。

体を冷やさないように

  • 長そでを着る
  • ひざ掛けをする
  • 温かい飲み物を飲む

といったことに気を付けましょう。

エアコンの効いた涼しい部屋だけでなく、日頃から気をつけるとむくみにくい体になります。

塩分を摂りすぎない!

体内の塩分が高くなると、薄めるために体は水分をため込んでしまいます。

味の濃いご飯やポテトチップスといったお菓子は、美味しいですよね。

大好物の方も多いでしょう。

ですが、こういった食べ物は水分をため込む=むくみにつながります。

塩分の高い食べ物は食べすぎないように気を付けることが大切です。

勉強や部活を頑張ったご褒美に食べても良いことにすると、楽しみが増えてオススメです。

Sponsored Links

目を大きくする方法①:温めて冷やすを繰り返す

温めると血行が良くなります。

温泉に入った後や運動をした後に体がポカポカしてくるのは、血行が良くなっているからです。

血行が良くなることで、たまってしまった水分や老廃物が流れます。

水分や老廃物が流れることでむくみが解消されるのです。

さらにその後には冷やすと血管が縮んで引き締まります。

温めることと冷やすことを繰り返すと、老廃物の流れが早くなるので、むくみが取れるスピードも早くなります。

筋トレを繰り返すようなイメージです。

レンジタオル蒸しで温める

レンジタオル蒸しの作り方はとても簡単です。

  1. 水でハンドタオルを濡らす。
  2. 電子レンジで500w、1分~1分半くらい加熱する。
  3. やけどしない温かさまで、タオルをほぐして冷ます。

熱すぎるとやけどをしてしまう危険があるので、必ず手で触って温度の確認をしましょう。

出来上がったレンジタオルをまぶたの上に乗せるだけで完成です。

3分ほど温めるとすっきりすると思います。

途中で冷めてしまった時には、タオルを裏返すと温かさを感じられますよ。

保冷剤タオルで冷やす

レンジタオル蒸しで温めた後は、保冷剤タオルで冷やしましょう

保冷剤タオルもすぐに作ることができます。

  1. 乾いたハンドタオルを用意する
  2. 保冷剤を包む
  3. タオルが冷えるまで待つ

保冷剤を包んだまま、まぶたに乗せると完成です。

ケーキを買った時についてくる手のひらサイズの保冷剤を何個か取っておくと便利です。

保冷剤を冷凍する時には、平らにしておくと凍った時にまぶたに乗せやすいですよ。

気持ち良い温度で繰り返す

気持ち良いと感じるくらいの温度で繰り返すのが一番効果的です。

レンジタオル蒸しは熱ければ熱いほど効果があるというものではないので、適温を守ってやけどに気を付けましょう

また、保冷剤タオルも保冷剤を直接乗せてはいけません。

冷えすぎるとダメージや怪我につながってしまうので、必ずタオルで包みましょう

目を大きくする方法②:マッサージ

血行が良くなるもう一つの方法として、目のツボをマッサージする方法があります。

ツボを刺激することで血液の流れが良くなるのです。

マッサージには特別な道具などもいらないので、時間がある時や寝る前に毎日少しずつ行うと効果が出やすくなります。

眉頭を押す

眉頭に親指の腹を置いて、優しく押します

眉頭は、眉毛の一番鼻に近い部分・目頭の上のことです。

力を入れすぎずに、「気持ちいい」と感じる力加減で押すようにしてください。

ゆっくり10秒押すのを3セット繰り返します。

眉毛に沿ってリンパを流す

次に、親指の腹を眉毛に沿って内側から外側へ動かしてマッサージます

眉毛のすぐ下が骨のくぼみになっているので、くぼみに沿って指を動かすと良いでしょう。

くぼみを上に押すように、少しずつ動かしていくとマッサージしやすいです。

この時も力は入れずに優しく動かします。

ゆっくり10秒かけて動かすのを3セット繰り返します。

鼻の付け根からこめかみにむかって、内側から外側にリンパを流すイメージです。

こめかみを押す

最後に、こめかみを親指のはらで優しく押します

ゆっくり10秒押すのを3セット繰り返します。

マッサージする時には、2つのポイントを守りましょう。

ポイント

  • 優しく押す
  • マッサージは長くても3分程度で終わる

まぶたは顔の中でも特に皮膚が薄いところです。

強い力や長時間のマッサージは、赤く腫れたり血管を痛めたりする危険があります。

目が大きくなりたいのに、怪我をしてしまったら意味がありません。

必ずポイントを守るようにしましょうね。

Sponsored Links

-美容・健康の悩み

© 2020 家村ブログ