美容・健康の悩み

一日一食で効果が出るまでの期間はどのぐらい?食事制限ダイエットのメリット

  • 一日一食ダイエットで効果が出るまでの期間ってどれくらい?
  • 一日一食ダイエットを効果的に行う方法って?
  • 一日一食ダイエットに効果的なダイエットサプリって?

小さいころから「3食しっかり食べましょう」と叩き込まれてきた私たちは、

↓一日一食ダイエットと聞くと、以下のような疑問を持ちがちです。

  • 身体に悪そう
  • 空腹で仕事がはかどらなさそう
  • 結局リバウンドして太りそう
  • 効果がでるまでとても時間がかかりそう

しかし、本当にそうでしょうか?

結論から言うと、短期間でダイエットの効果を実感したい人は、

一日一食ダイエットは非常にマッチしている方法と言えます。

少量の食事を三食食べるより、一日一食をやや多めに取る方が、短期間にダイエットの効果が出るからです。

この記事では、一日一食ダイエットを実践した場合、効果が出るまでどのぐらいの期間が必要になるのか?を解説します。

一日一食ダイエットの効果をさらに高める方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

一日一食ダイエットで効果が出るまでどのぐらいかかる?

一日一食 効果が出るまで

(一日一食ダイエットで効果が出るまではどのぐらいかかる?)

一日一食ダイエットで効果が出るまでにどれくらいの期間がかかるのかについて説明します。

元の体重にもよりますが、肥満の傾向がある方が一日一食ダイエットを実践した場合には、「一か月でマイナス5〜10キロ」痩せることも夢ではありません。

一日一食ダイエットでは、なぜこんなに早く効果がでるのでしょうか。

そのメカニズムを理解しておきましょう。

一日一食ダイエットが劇的に効果的な理由は、以下の2つが挙げられます。

一日一食ダイエットが劇的に効果的な理由

  • カロリー摂取の絶対量が大幅に減る
  • 体のエネルギー消費のされ方が変化する

それぞれの理由について、順番に見ていきましょう。

カロリー摂取の絶対量が大幅に減る

1つ目の理由は、一日一食にすることでカロリー摂取の絶対量が大幅に減るからです。

食事の回数が減るのですから、これは当然ですね。

一日三食で、それぞれの食事をやや小食にした場合は、以下のカロリーになります。

一日三食で小食にした場合のカロリー

  • 朝食:400キロカロリー
  • 昼食:800キロカロリー
  • 夕食:800キロカロリー
  • 合計:2000キロカロリー

一日一食で、一食を多めにとった場合は、昼食のみで「1500キロカロリー」です。

上記の通り、一日トータルでの摂取カロリーは一日一食の方が圧倒的に少なくできます。

一日の食事量が減ると、胃も小さくなり食欲を抑えやすくなります。

体のエネルギー消費のされ方が変化する

2つ目の理由は、体のエネルギーの消費のされ方が変化するからです。

普段は「摂取した食事」からエネルギーが消費されています。

しかし食事回数が一回になったことにより、「もともとある脂肪」からエネルギーを消費し始めるのです。

一日一食ダイエットの効果を高める方法

ここからは、一日一食ダイエットを行う上でその効果を高める方法を紹介します。

一日一食ダイエットを実践すれば、早い人で「数日〜1週間」でダイエットの効果が出始めるでしょう。

しかし、せっかくダイエットをするなら、少しでも短期間で効率的にやりたいですよね。

具体的な方法を、次から一つ一つ説明していきます。

運動を組み合わせる効果的なダイエット方法

一つ目は、運動を組み合わせた効果的なダイエット方法です。

一日一食ダイエットを始めてもなかなか思うように体重が減らないことがあります。

毎日無理なく続けるには、有酸素運動が最適です。

具体的には、ウォーキングです。

一日30分のウォーキングを取り入れるだけでも、かなり効果的です。

一日一食ダイエットでもともとあった筋肉がおちてしまうのが心配な人は、無酸素運動がおすすめです。

具体的には、筋トレです。

スクワットや腕立て伏せであれば、自宅でも気軽に始められるので取り入れてみてください。

注意点として、どちらの運動も、一食の食事に必要な栄養素がしっかりとれていることが前提です。

痩せたいからといって、一食の食事にタンパク質、炭水化物までも含まれていない場合は、筋肉がつけにくくなります。

お腹がすいたときの対処法を用意する

2つ目は、お腹がすいたときの対処法をしっかり用意しておくことです。

今まで3食しっかり食べてきた人が、突然一食に変更すると当然お腹がすきやすくなります。

「「空腹」が人を健康にする」の著者南雲先生は、一日一食ダイエットの第一人者です。

先生によると、お腹がすいたときは、糖質を含まない食べ物を食べると良いとしています。

例えば、以下のようなものです。

糖質を含まない食べ物

  • ナッツ
  • 小魚
  • チーズ

しかしながら、あくまでも、自分の体調と相談しながら無理なくつづけていくことが肝心です。

また、脱水症状を防ぐためにも、一日の必要な水分は必ず取るようにしてください。

健康的に痩せられる!ファスティング系のダイエットサプリを活用しよう

一日一食ダイエットを行うのにおすすめなのが、ファスティング系のダイエットサプリを活用することです。

なぜダイエットサプリがおすすめなのかというと、食事療法だけではなかなか痩せることができない人にサプリでダイエットを促進させることができるからです。

また、サプリメントは、1食でまかなうことができない栄養素を簡単に補うことができます。

最近では、様々なダイエットサプリが市販で手軽に買うことができますよ。

ダイエットサプリを選ぶポイント3つ

ここでは、効率よくダイエットをするためのサプリを選ぶ3つのポイントを紹介します。
まず、ダイエットサプリは大きく次の3つに分けられます。

ダイエットサプリ

  1. 脂肪の燃焼
  2. 摂取カロリーを抑える
  3. 便秘の解消

どのダイエットサプリを買うか悩んでいるときは、同じ特徴のものを購入するのではなく、できるだけ役割の違うものを選ぶようにしましょう。

ダイエットサプリが持つ役割とは、以下のようなものです。

ダイエットサプリが持つ役割

  • 脂肪燃焼系       脂肪の燃焼を促す
  • 摂取カロリーを抑える  栄養素の吸収を抑える
  • 便秘の解消       腸の動きを活発にする

一日一食ダイエットの場合、脂肪燃焼系のサプリをおおすすめいたします。

その理由は、以前についた脂肪を燃焼させないと体重は減らないからです。

食事や水分量が減ったため一時的に体重も減ることはありますが、身体の脂肪を減らさない限りはそれ以上の原料はのぞめません。

サプリメントはどういうタイミングで摂取する?

次に、サプリメントはどういうタイミングで摂取すればいいのかを説明します。

ダイエットサプリは、お薬ではなく食品の扱いとなります。

そのため、飲むタイミングや量は厳密に決められていません。(例えば、「一日3粒を目安に」といった形です。)

しかし、ダイエットサプリの特徴からタイミングを変えることができます。

ポイント

  • 脂肪燃焼系       運動前か朝活動する前に
  • 摂取カロリーを抑える  しっかりめの食事前に
  • 便秘の解消       朝食前、寝る前に

脂肪燃焼系は、これから脂肪を消費する運動前や一日の活動前の朝に飲むのがもっとも効率的です。

摂取カロリーを抑える働きをするサプリは、食事でとった栄養の吸収を抑える働きがあるので、夕飯前がおすすめです。

便通を良くするサプリは、腸が朝食で動き始める前もしくは腸が休憩する寝る前にとると最も効果的です。

-美容・健康の悩み

© 2020 家村ブログ