家族・育児の悩み

【家庭訪問のお茶菓子の出し方とマナー】玄関先で…は社交辞令?

  • 家庭訪問でお茶菓子を出すときのマナーって?
  • お茶菓子を出すタイミングは?
  • おすすめのお茶菓子ってどんなの

先生が家庭訪問に来るとなると、いろいろと準備しなければいけませんよね。

その準備として「お茶菓子の用意」がありますが、このお茶菓子の出し方やマナーを知っていますか?

実は、先生はこのお茶菓子の出し方もチェックしているんですよ。

今回は家庭訪問で先生に出すお茶菓子の出し方やマナーについてご紹介します。

おすすめのお茶菓子についても具体的に説明しているので、参考にしてください!

家庭訪問で先生にお茶菓子を出す場合のマナー

家庭訪問で先生にお茶菓子を出すとき、マナーに気を付けましょう。

先生は生徒の生活事情のチェックも兼ねて訪問しているので、お茶菓子を出すのにも注意が必要です。

家庭訪問でのお茶菓子の正しい出し方

ではお茶菓子の正しい出し方を、具体的に説明します。

まず事前準備です。

家庭訪問は短時間のため先生が来る時間に合うように、

茶碗にお茶を入れておき茶碗を敷く受け皿とお茶菓子もお盆にのせて用意しましょう。

そして先生が来てお部屋に通したらお盆を運びましょう。

和室なら畳の上に、洋室ならテーブルの隅にお盆を一度置いてください。

お盆を持ったままお茶・お茶菓子を出すのはダメです。

家庭訪問でのお茶菓子の正しい出し方は、

まず茶碗を受け皿にのせ両手でお皿を持ち、先生の前に出します。

次にお茶菓子を先生に出した茶碗の左側に置いてください。

先生は生活事情をチェックしている?

家庭訪問は生徒の家庭にも問題がないか見る目的もあるので、

保護者がしっかりしている人かお茶菓子の出し方にも注視される可能性があります。

家庭訪問で先生にお茶菓子を出す行いひとつも、

生活事情をチェックする材料にされるので気を抜かないことです。

お茶菓子を出すタイミングとポイントについて

家庭訪問で先生にお茶菓子を出すタイミングは、会話が始まる前がおすすめです。

最初に出しておくと、保護者と先生もコミュニケーションがしやすくなります。

いくつか意識すべきポイントがあるので、説明します。

先生が席についた時を狙う

お茶とお茶菓子を出すタイミングは、先生が席についた時を狙うのがベストです。

先生にお茶菓子をおすすめする言葉をかけることで、お互いに会話を切り出しやすくなります。

会話の途中や終わりにお茶菓子を進めると、先生も短時間で食べなくてはならず慌てさせてしまいます。

話す前に先生にお茶菓子を出すと先生が口をつけやすい

家庭訪問で話す前に先生にお茶菓子を出すと、会話の合間で先生が口をつけやすいです。

話す前にお茶菓子を出して先生にすすめておくと、先生もスムーズにお菓子を食べられます。

自分の分のお茶菓子は出す?出さない?

家庭訪問で自分の分のお茶菓子は出さない方がいいか迷ってしまいますが、自分の分も出しましょう。

先生だけに出すと遠慮させてしまいますので、先生が口にしやすい雰囲気にするために自分の分も出した方がいいです。

「玄関先で」や「お茶菓子は不要です」は社交辞令?

家庭訪問をお知らせする学校のプリントでは、

「会話は玄関先で」や「お茶菓子は不要です」と記載していることが多いです。

しかしそれらの内容は一応社交辞令と考えましょう。

プリントではそう書いてあっても、

家庭訪問に来た先生に家に上がるよう声をかけると応じる先生もいます。

家庭訪問は生徒の家庭環境をチェックするためでもあるので、

家の中の様子が見えた方が先生もチェックしやすいです。

家に上がるようすすめても辞退する先生もいますが、

家庭訪問は先生が家に上がることを想定して、お茶菓子など一通り準備しましょう。

家庭訪問でお茶菓子として出すのにおすすめなお菓子

家庭訪問でお茶菓子として出すのに、お菓子は何でもいいと言うわけにはいきません。

サイズや持ち帰りできるものなど、

家庭訪問でお茶菓子として出すのにおすすめなお菓子があります。

ミニケーキや小さい和菓子

家庭訪問のお茶菓子は、食べやすいミニケーキや小さい和菓子がいいでしょう。

家庭訪問は先生がいられる時間が短いので、あまり時間をかけずに食べられるサイズがぴったりです。

またミニケーキや小さい和菓子はおしゃれなので、お客様に出すお茶菓子としても向いています。

個装のお菓子

家庭訪問のお茶菓子は、持ち帰りできる個装のお菓子もおすすめです。

先生によっては、お茶菓子を出しても遠慮して手を出さない場合もあります。

しかし個装のお菓子だと「良ければ、お持ちください」と持ち帰りを先生にすすめやすくなります。

お腹にたまらない系のお菓子

家庭訪問のお茶菓子は、お腹にたまらない軽いお菓子にすることも選択肢です。

先生は1日に何件も家庭訪問するので、ボリュームのあるお茶菓子を出すとお腹いっぱいになり他の家のお茶菓子が入らなくなります。

ヨックモックのシガールのような軽い食感のクッキーや、一口サイズのマカロンなどお腹にたまらないのでおすすめです。

-家族・育児の悩み

© 2020 家村ブログ