コールセンター派遣社員の体験談

コールセンターは何歳まで働ける?主婦の復職・定年退職後のシニアは?

2021年4月18日

  • コールセンターって何歳ぐらいまで働ける?
  • 実際に何歳ぐらいの人たちが働く職場で働くの?
  • 仕事内容は年齢が高くてもできる?パソコン知識は必要?
  • 年齢不問の求人はどこで探せばいい?
コールセンター 何歳まで働ける

(コールセンターは何歳まで働ける?実際に働いている人たちの年齢層は?)

 

コールセンターに限らず、どんな仕事でも「年齢」は気になるポイントですよね。

職場の人たちになじめるか・仕事内容が難しすぎないか…

と不安な点がたくさんあると思います。

結論から先に言うと、コールセンターの仕事は「年齢が高い人ほど活躍できる仕事」です。

子育てがひと段落した専業主婦の方や、定年後のシニアの方もコールセンターの仕事に挑戦することは可能ですよ。

(求人も年齢不問のものがたくさんあります)

この記事では、派遣スタッフとして働く場合のコールセンターの仕事内容について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

コールセンターは何歳まで働ける?私の職場の年齢層

コールセンターでは、さまざまな年齢層の人が働いています。

参考までに実際に私が働いているコールセンターでの年齢構成について紹介しますね。

私が所属しているのは18名のチームなのですが、

↓年齢構成は以下のような感じです。

  • 30代が1割
  • 40代が3割
  • 50代が4割
  • 60代が2割

他のチームもおおむねそのような年齢構成ですね。

結婚や子育てで一度社会から離れた女性が復職先とすることも多いです。

男性の割合は女性に比べ少なめですね。

コールセンターではいろんな役割の人が働いている

コールセンターで働いているのは、実際に電話をとって話をする人(オペレーターといいます)だけではありません。

↓オペレーターの他にも、以下のような人たちが働いていますよ。

  • SV(スーパーバイザー)
    コールセンターの職場を取り仕切る責任者。
    何を質問しても答えてもらえる。正社員が多い。
  • LD(リーダー)
    SVの仕事の一部を行う。
    オペレーターでは対応できない電話が来た時に、代わりにお客様からの質問に答える役割の人。

SVもLDも比較的若めですが、面倒見の良い親切な人が多いのが特徴です。

もちろん、派遣スタッフなどとして働く場合にはオペレーターの仕事を担当することが多いのですが、

一緒に働く人たちの役割について知っておいて損はありません。

コールセンターの仕事は高年齢の人ほど向いている!

私は、コールセンターの仕事は年齢的に高い人ほど向いていると思っています。

というのも、コールセンターの仕事は「音声だけ」でお客さんとコミュニケーションを取る仕事で、相手が置かれている状況をイメージすることが必要になるからです。

これまでの人生で体験したことがない場面をイメージするってとても難しいですよね。

その点、いろんな経験をしてきている人は「あ、この人はいまこういう状況で悩んでいるのかな」と想像力を働かせることができます。

しかも、顔の見えない相手と、音声だけで対応しなければならないので、言葉遣いやちょっとした呼吸の取り方が大切です。

年齢が高く、豊富な人生経験がある人ほど、お客さんとのやりとりをスムーズになると思いますよ。

コールセンターには高齢者からの電話が多い

もちろん、勤める会社の業界などにもよると思うのですが、コールセンターには高齢のお客様から電話がかかってくることが多いように思います。

たとえば、化粧品や食品の注文受付をする仕事では、高齢の方からの電話が多くかかってきます。

若い人たちはインターネットでの注文に慣れているので電話はあまり使わないようですね。

年齢層が高いお客様からしたら、電話口に出る人が若いオペレーターだと、不安に感じてしまうことも多いようです。

私の職場などでは20代のオペレーターは雇っていないのですが、このあたりが理由なのかもしれませんね。

体力に自信がなくても大丈夫!座ってできる仕事がほとんど

コールセンターでのオペレーターの仕事は、おおむね座ったまま完結します。

受電内容を紙に起こす職場やパソコンに入力する職場など様々ですが、いずれの場合も自席を離れずに行えることがほとんどです。

そのため、身体的に立ち仕事が難しい人も安心して取り組み、勤められる仕事ですが、反面運動不足になりがちな職場でもあります。

Sponsored Links

コールセンターによっては、数時間ごとにリフレッシュタイムを設け、ちょっとした運動を行うところも増えています。

自分の職場では、11時、15時くらいにSVから声がかかり、電話をしていない人は立ち上がって思い思いに体を動かします。

時間はわずか2~3分ですが、かなりほぐれた感じになり、気分転換にもなっています。

それ以外でも、パソコンを見ながらの仕事のため、1時間働いたら10分の休憩があります。

しかしこちらは会社によってかなり異なるようで、2時間分をまとめて取得するケースも多いようです。

経験があるようなら、電話やパソコン入力のスキルをアピールできれば、パートやアルバイトでもさらに高確率で採用されます。

シフトも希望制が多く、お休みが取りやすい職場も多数見受けられますので、自分の生活リズムも大切にしながら働けるのも魅力です。

クレーム対応は無理に自分でやらなくてOK

仕事の中では、お客様のクレーム(苦情)を受け止めなければならない場面もあります。

こちらに不手際がなかった場合でも、温度感の高い相手に、時には理不尽に怒鳴られるかもしれません。

電話での業務のため一対一の対応になってしまいますが、自分一人ではどうにも対応ができないと感じたときには、上席であるSV、LDに「エスカレーション」します。

エスカレーションとは、仕事の上位者に判断や支持を仰いだり、対応を依頼することです。

1人で背負い込まずに、頼れる上席がすぐそばに控えていてくれるのは、コールセンターの良いところと言えるでしょう。

話がこじれてしまう可能性があるときには、早めに相談をすることでトラブルを回避できます。

コールセンターにはいろんな種類があることを知っておこう

ひとくちに「コールセンターの仕事」といっても、

いろんな種類があることを知っておいてください。

↓コールセンターの仕事は、おおまかに分ける以下の2種類があります。

  1. 受信(インバウンド)のコールセンター
  2. 発信(アウトバウンド)のコールセンター

要するに、お客さんから電話がかかってくるのに対応するのか、自分の方から電話をかけていくのかの違いですね。

それぞれの仕事内容について、順番に解説します。

1.受信(インバウンド)のコールセンター

受信(インバウンド)のコールセンターでは、お客様からかかってくる電話を受けて対応をします。

その中でも「テレフォンオペレーター(テレオペ)」は、お客様から自社商品の注文やそれに関わる電話を受けるコールセンターです。

また、テレフォンオペレーターの中でも「カスタマーセンター」は、商品やサービスを購入したお客様からの問い合わせ先として開設されているコールセンターです。

「テクニカルサポート」は、販売した商品やサービスの使用方法についての問い合わせを受け付け、話中に解決に導くよう案内します。

いずれも自社の商品やサービスについての知識を十分に有していることが必要となります。

人の話を聞くのが好きな人に向いており、お客様の求めるもの読み取り、答えに繋げる力が求められます。

初心者の方・コールセンター未経験の方は受信(インバウンド)のコールセンターから始めてみるのが良いでしょう。

2.発信(アウトバウンド)のコールセンター

発信(アウトバウンド)のコールセンターは、自分からお客様に電話をかけていく仕事です。

テレアポ(テレフォンアポイントメント)といわれる仕事が代表的ですね。

商品・サービスの売り込みやアンケート、キャンペーンなどを目的としてお客様に電話をかけます。

目的達成のために、積極的な対応や工夫が必要な業務です。

お客様にとっては突然電話がかかってくるために、

心理的な距離が遠く、断られても諦めずに次の電話を掛けるタフさも重要となってきます。

しかし、難易度が高いために成果に対してのインセンティブ(歩合制のボーナス)がつく仕事もあります。

断られてもどんどん電話を掛けられる人にとっては大きな魅力のある仕事と言えるでしょう。

こう書くと難易度が高そうですが、

発信業務は、お客様に案内するためのシナリオである「トークスクリプト」が必ず用意されており、それに沿って案内を進めていく仕事です。

回数を重ねるにつれ、ポイントとなる部分がわかり、より効果的にお客様に案内できるようになります。

高時給・ホワイト環境なコールセンターで働きたい人へ

(つらい環境で悩みながら働いている派遣スタッフの方は少なくありません)

  • 派遣なのに残業させられる…。
  • コールセンターなのに時給が安すぎ。最低でも1500円はほしい。
  • 職場の人間関係が地獄。一緒に働く人間が嫌いすぎる…。

↑こんな不満をお持ちの人ってとても多いと思います。

派遣ってバイトより良いイメージがありますが、

派遣先の企業によっては、

地獄のような環境になってることもあるので注意してください。

管理人

時給が高く、ホワイト環境なコールセンターで働きたいなら、

どの派遣会社を使うか?が決定的に重要です。

具体的には大手企業の求人に強い派遣サイトで求人を探すようにしましょう。

大手企業って「ここはブラック企業」とみられるのを恐れているので、職場環境が良好なことが多いんです。

ランスタッド

ランスタッドは大手企業の事務職求人が充実している派遣サイトです。

時給1700円〜のコールセンター求人や、
オフィスワークデビューOKの求人、
派遣から正社員へ登用あり求人など、
好条件な仕事が多数あります。

完全無料で使える鉄板の大手派遣サイトなので、派遣が初めての人も安心して使うことができますよ。
>>求人を見てみる(無料サイト)

(高時給コールセンターの求人例)

(未経験OKの事務求人例)

【未経験も時給1700円】大手企業の求人に強い派遣サイトを使おう

(大手企業のホワイト高時給求人を狙いましょう)

大手企業の求人に強い派遣サイトなら、

↓たとえば以下のような

コールセンター求人を見つけることができますよ。

管理人

  • 未経験でも時給1700円スタートのコールセンター求人
  • 時給2000円(月給30万円)も狙える夜勤コールセンター求人
  • 週3日出勤もOKのワークライフバランス重視求人
  • 正社員への登用もありな証券会社のコールセンター求人

(コールセンター求人の例)

(コールセンター求人の例)

(コールセンター求人の例)

(コールセンター求人の例)

>>派遣サイトに無料登録して求人を見てみる

今すぐは転職する気がない人も、

派遣サイトへの無料登録だけはやっておきましょう。

ストレスや疲労が限界を越えると、

派遣サイトに登録する気すら無くなります。

派遣サイトに登録して希望時給や勤務地を入力しておくと、

時給の高いホワイトなコールセンター求人が出てきたときに最速で自動通知してもらえます。

普段からこういう情報をストックしておけば

「どうしても今の状態がキツくなったら転職すればいい」

という選択肢を持つことができるんですね。

管理人

派遣会社のサイトは、

今すぐ転職する気がない人も求人リサーチに使えます。

希望する職種や勤務地・時給など、

サイト内で希望条件を細かめに入力しておきましょう。

マッチした求人が出たときに最速でメール通知してもらえますよ。

↓なお、派遣サイトはお金がかかるとか、

変な連絡が来るとかはいっさいありません。

情報収集だけしたい人も活用しましょう。

>>派遣サイトに無料登録して求人を見てみる

同じ仕事なのに時給に差がつくのはなんで?

例えば、こちらの2つのコールセンター求人は、

↓どちらも未経験者OKの求人であることに注目して下さい。

(派遣コールセンターの求人例①)

(派遣コールセンターの求人例②)

 

あたりまえですけど、

未経験者ってスタート時の能力はみんな基本同じですよね。

それでも稼げるお給料に差があるんです。

なんで時給に差がつくのか?というと、

私たち派遣スタッフの時給って、

派遣会社と勤務先会社の交渉で決まるからなんです。

派遣スタッフは派遣会社に所属して、

勤務先会社に派遣されるかたちで働きます。

このとき、派遣スタッフの時給って、

派遣会社と勤務先会社が交渉で決めているんです。

なので、自分の派遣会社が弱小企業で交渉力が弱かったり、

担当の営業マンがダメダメだったりすると、

そこで働く派遣スタッフの時給も安くなってしまうんです。

これはあなたが能力的に優秀か?

優秀でないか?は関係なくそうなってます。

プロ野球選手がどんなに個人成績良くても、

チーム(派遣会社)が弱かったら勝てませんし、

年俸も安くなりますよね。それと同じです。

体験者

なので、派遣スタッフとしてお給料を上げるために重要なのは、

どこの派遣会社を使うか?なんです。

ダメな派遣会社を使ってしまうと、

仕事めっちゃがんばってるのに時給が激安…

みたいな最悪なことになるので注意しましょう。

>>個人的におすすめの派遣会社はこちら

派遣として働くときに一番大切なこと

派遣として働くなら、

どこの派遣会社を使うか?が決定的に重要です。

なぜかというと、それによって同じ仕事をしていても時給がぜんぜん違ってくるからです。

↑これから派遣スタッフとして働く人は、

これだけは絶対に知っておいて下さい。

これを知ってる人と知らない人とでは稼ぐ額にめっちゃ差がつきますよ。

あと、すでに派遣スタッフとして働いている人も、

うちの派遣会社ってほんとに大丈夫なのかな…?

って一度は疑ってみたほうが良いです。

能力高いし仕事がんばってるのに時給が安い…

って悩んでいる人の多くは使っている派遣会社が悪いです。

ダメな派遣会社とか使えば使うほど損なので、さっさと乗り換えましょう。

派遣会社なんて何社使っても無料ですし、

乗り換えなんてみんな普通にやってますからね。

体験者

>>交渉力の高いおすすめの派遣会社はこちら

時給の安い職場は人間関係も最悪…

これは私の実体験こみですが、

お給料が安い職場って、人間関係も最悪です。

みんな「なんでこんな安い給料でこんなしんどいことを…」

みたいに苦痛感じながら働いてますから、イライラしてるんですよね。

特に未経験者の人は、

こういう職場でスタートしないほうが良いです。

ろくに研修もしてくれず、

習ったことの仕事でミスしたら叱責…。

みたいな辛い働き方になることもありますよ。

体験者

コールセンターはクレーム処理などもときどきありますから、

少なくとも職場の仲間同士は仲の良い環境で働いたほうが良いです。

ちゃんとお給料をもらえる環境で働いてこそ、

職場の他の人にやさしくできるものです。

人間関係のストレスが少ない職場で働きたい人も、

↓採用時の時給にはこだわって仕事を探すようにしてみて下さいね。

(ランスタッド派遣には大手企業のコールセンター求人が豊富です)

\ 高時給のコールセンター求人多数!/

無料登録して求人を見てみる




Sponsored Links

-コールセンター派遣社員の体験談
-

© 2022 ノーストレス派遣のすすめ