派遣社員の仕事の悩み

派遣は差別されて当たり前?よくある職場事例の実態と疎外感への対策方法

  • 派遣社員は差別されて当たり前?
  • 正社員と同じ仕事をしているのに給料安い…これって不公平では?
  • パートと正社員の間にはいって板ばさみ…こんな状況でがまんしないといけないの?
派遣 差別 当たり前

(派遣は差別されるのが当たり前?体験談と対処法を解説)

 

派遣社員という存在は、

正社員ともパートとも違って複雑な立場ですよね。

場合によっては派遣先の職場で差別的な待遇をされることも少なくありません。

派遣社員の強みは

しがらみにとらわれずに自由に働けることです。

現在、職場内の差別的待遇に苦しんでいる…

という方は、少し考え方を変えてみる必要があるかもしれませんよ。

>>※具体的にはこちら

派遣経験者
Sponsored Links

派遣は差別されて当たり前?よくある職場事例

派遣社員が職場で受ける差別の具体例として、

↓以下のようなものは典型的なケースと言えます。

  1. 名前を覚えてもらえず「派遣さん」と呼ばれる
  2. 仕事を教えてもらえない
  3. アルバイト・パートさんとの人間関係がうまくいかない

以下はアルバイトやパートが大多数を占める職場に派遣として勤めた時の、

私自身が体験した差別待遇の体験談です。

私は「派遣さん」と呼ばれ続け、話しかけても返事もされず、

派遣会社に訴えても待遇改善されずつらい思いをしました。

派遣経験者

>>派遣が孤独や疎外感を感じることなく働くポイント

1.名前を覚えてもらえず「派遣さん」と呼ばれる

私は、その職場を後にするまで名前で呼ばれたことはほとんどありません。

その原因は、職場の派閥や雰囲気づくりのためだったと考えています。

私は化粧品の受注をするコールセンターに勤めていました。

電話をしながらパソコンに内容を打ち込む仕事なのですが、自分の処理に間違いがあった場合には、フィードバック(次の仕事に生かすための評価)を受けることになります。

その時に、決して名前では呼ばれないことに疑問を感じていました。

「ちょっと、派遣さんこっち来てくれる?」などと遠くから声がかかります。

少なくとも派遣先の上席は私の名前は知っているはずですし、欠かさず名札もつけているのに、結局最後まで一度も名前で呼ばれることはありませんでした。

中には、普通に接してくれる人もいましたが、それは決まって周りに他の人がいない時でした。

派遣と話すことで、自分の人間関係に何か不利益があったのかもしれません。

名前で呼ばれないのは、派閥づくりのため?

なぜ名前で呼んでもらえなかったのは、自分なりにいろいろ考えてみました。

ひとつには「覚える必要がない」という考えが、社員やアルバイト、パートの人たちの中に合ったのではないかと思います。

また、あえて「派遣さん」と呼ぶことで、アルバイトやパートの人との立場の違いを明確にしているようにも感じました。

派遣は出来上がった人間関係の中に放り込まれる点も、こうしたことを起こしやすい原因と感じます。

また、こう呼ぶことで「派遣さん」以外の人の結束が強まっているようにも感じました。

社員やパート・アルバイトは長く勤めている人も多く、職場の派閥や雰囲気を決めている人もいます。

こうした面も、女性職場特有の雰囲気と感じました。

唯一の対処法は、長居して存在感を出すこと?

対処の方法を考えましたが、結局のところ時間をかけてなじむ以外の方法はないように思えます。

私は1か月程度の就業となりましたが、ここで辞めずにぐっとこらえ、あと少し留まっていたら結果は違ったかもしれません。

そしてめげずに、自分からアルバイトやパートの人に「〇〇さん」と声をかけ続けてみると良かったかもしれないと今は思っています。

>>派遣社員がノーストレスで働くにはこの「考え方」が必須です

2.仕事を教えてもらえない

また、派遣先では満足に仕事を教えてもらえませんでした。

何故なのか考えてみると、派遣はその能力を持っている前提で来ていると思われていたのかもしれません。

「甘えるな」という雰囲気がありました。

派遣された職場は、アルバイトやパートの人と同じ仕事をする職場でした。

化粧品販売の受電の仕事だったのですが、初日に「トークスクリプト」と呼ばれる「台本」を預けられ、この通りにやってねと指示されただけです。

トークスクリプトは基本的には一辺倒なもので、想定通りにお客様の対応を進められ、かつ自分の知識があってこそすんなり扱えるものです。

基礎知識のないままトークスクリプトだけを預けられても、お客様の質問に答えることもできません。

ですが、初日にほんのわずなか説明があっただけで、その後詳細についてしっかり教えてもらえませんでした。

電話を受けている途中で対応に不明点が発生した時には、手を挙げて職場のリーダーに質問をするのですが、その時も何故だかとても嫌な顔をされます。

「なんでわからないの?」と小さな声で言われたことも。

仕事を教えずほったらかしなのに、失敗には異様に厳しい職場でした。

派遣社員はスキルを持って派遣されてくる?

どうしてこのような扱いを受けたのか…理由の一つは「派遣社員は最初からスキルを有している前提で派遣されるものだから、頼るな」と思われていたのではないかと考えます。

もちろん、コールセンターに勤める際のお客様対応については、十分にスキルをもって臨んでいます。

しかし、仕事内容やルールは職場ごとのものなので、派遣先で教えてもらえないと仕事にならないのです。

また、思い返すと、その時の派遣は短期の仕事でした。

その場合社員が一生懸命仕事を教えたとしても、遠からず職場を去るのは決まっていることです。

いなくなる人に教えるのが面倒と感じられたのかもしれませんが、仕事は非常にしにくかった記憶があります。

わからないことは聞くしかない

自分の理解度が低いのに、お客様に案内することは間違いを誘発する原因になります。

結局のところ、嫌がられても聞いて教わるしかないのです。

また、派遣社員が仕事をするために派遣先で仕事を教えることは当たり前のことなので、その状況をもっと早く派遣元に訴えればよかったかとも思いました。

そうすることで改善してもらえた可能性もあります。

わからないことをそのままにしておくと、結果的にお客様に迷惑をかけ、会社の評判は下がっていくのですから…。

>>派遣社員なのに人間関係にストレスを感じながら働くなんて馬鹿馬鹿しいですよ

3.アルバイト・パートさんとの人間関係がうまくいかない

アルバイトやパート、そして派遣社員が一緒に働くと、何らかの感情が働いて、スムーズに仕事ができないと感じることが何度かありました。

これも、「派遣社員は時給がいい」という、どこに確かめたわけでもない思い込みから生じていたと考えています。

派遣先では、電話がひっ迫していない時には、はがきなどのお客様情報を入力する仕事も発生しました。

上長は「みんなで平等に」と話したのに、結局これも私一人がやらされたのです。

「面倒で小難しいことは派遣にやらせてください、時給いっぱいもらってるんでしょ?」と上長に話している声も聞こえました。

派遣社員は時給がいいという思い込み

これについては、アルバイトやパートの方たちがいくらもらっているのか確認していないので、何とも言えないのですが…。

おそらく、もらっているお金はほぼ同じくらいか、派遣の方が時給がいい場合も確かにあるため、もしかすると少し私の時給は高かったかもしれません。

ただ、派遣先の立場で考えると、実際には派遣1人に対して派遣元がもらっているはずのお金を払っているわけで、単価は相当高かったはずです。

会社としては、確かにお金をかけているのでしょう。

私自身の所得には関係のないことであっても、このことが起因し、社内で差別的に扱われたのかもしれません。

私はここでめげてしまい、派遣元に状況を相談しました。

営業の人が何か言ってくれたようでしたが、結局のところ改善されませんでした。

派遣元も把握し、私もこのままでは仕事を理解できずお客様に迷惑をかけると訴え、更新せずに辞めてしまう、苦い思い出となってしまったのです。

Sponsored Links

派遣が孤独や疎外感を感じることなく働くポイント

派遣社員という働き方の良いところは、

良くも悪くも「人間関係のストレスを感じることなく働けること」です。

派遣先の職場が合わないなら

派遣会社の担当に相談して職場を変えてもらえばいいですし、

担当がちゃんと対応してくれないなら、別の派遣会社に乗り換えればいいだけです。

もちろん、これは悪く言えば「とてもドライな働き方」ということですから、

職場の人たちと友達のような関係で働きたい…

という人にとっては派遣は向かないかもしれません。

派遣経験者

派遣として働くなら、

↓以下のような「派遣だからこその強み」を活かして働くようにしましょう。

  • パートよりも時給が良い
  • 職場の人間関係が気に入らなければすぐ別に移れる
  • 残業などがなくワークライフバランスを維持しやすい

派遣で「人間関係にがまんしながら働く」ことほど馬鹿馬鹿しいことはありません。

職場の人たちと密な関係を築いて働きたい人は、

派遣ではなくてパートや正社員として働くべきです。

(職場となる会社に直接雇用されて働くべきです)

派遣なら派遣らしく働くのが一番ストレスが少ないのは間違いありません。

もし、あなたが「派遣らしい働き方」ができない状態なら、

それは使っている派遣会社に問題があるのかもしれません。

↓例えば、あなたの派遣会社の担当は以下のようなことにきちんと対応してくれていますか?

  • 職場内での人間関係が苦痛に感じている場合に、別の職場を紹介してくれる
  • 仕事内容が合わないと感じているときに、配置転換をあっせんしてくれる
  • 仕事に慣れてきたら、より高い時給の仕事を紹介してくれる

↑いま使っている派遣会社がこういうことをこまめにやってくれないなら、

別の派遣会社を使った方が良いかもしれませんよ。

同じ働くならお給料やちょっとでも高い方がいいに決まっていますよね。

ストレスの大きな人間関係にがまんしながら、安い時給で働くとかほんと地獄です。

使う派遣会社を変えることが、

現在の状況を劇的に改善するきっかけになることは普通にあります。

職場内の差別的な待遇に苦痛を感じている方は、

今回の内容をぜひ参考にしてみてくださいね。

派遣経験者
Sponsored Links

  • この記事を書いた人
管理人

管理人

1985年生まれ。派遣社員として時給800円のブラック職場〜時給2000円超のホワイト職場までいろんな仕事をしてきました。 現在は当時の経験を生かしてキャリアカウンセラーの仕事をしています。 このブログでは派遣社員として「ノーストレスかつ高時給」を実現するための具体的な方法を紹介しています。 同じ働くなら、お給料が高くて人間関係も良い職場で働きたいですよね。 派遣で「おいしい仕事」を見つけるにはコツがあります。 これを知っているか・知らないか?で働き方に大きな差がついてしまうこともありますよ。 具体的な仕事の探し方を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

-派遣社員の仕事の悩み

© 2021 ストレスフリー派遣のすすめ