派遣社員の転職活動

仕事が決まらない理由は?派遣登録したのに求人紹介がない人の対策方法

派遣社員として働く場合、

↓以下のような流れで仕事がスタートするのですが、

  1. まずは派遣会社に登録
  2. 担当のコーディネーターと面談
  3. 仕事をいくつか紹介してもらう
  4. 応募する
  5. 職場訪問(顔合わせ)
  6. 仕事スタート

実際には「仕事に応募しても結果として不採用になり、仕事がなかなか決まらない…」

という状態になることは少なくありません。

あなたの側からも「自分に合った仕事を紹介してもらえないので、応募できない」というケースもあるかもしれませんね。

派遣会社に登録をしても、すぐに仕事を紹介してもらえるとは限りませんので注意してください。

この記事では、派遣会社からマッチする仕事の紹介を受けるための対策をご紹介します。

Sponsored Links

派遣会社から仕事を紹介してもらえない原因3つ

仕事 決まらない 派遣

(派遣会社からなかなか仕事の紹介がない理由3つ)

 

派遣会社からなかなか思ったように仕事を紹介してもらえない場合、

↓以下のような原因が考えられます。

↑心あたりのあるところを読んでみてください。

(青文字クリックでジャンプできます)

管理人

なお、派遣会社との相性が悪いというケースは普通にあります。

その場合には、大手の派遣会社を使ってみると解決する可能性が高いですよ。

登録されている求人数が物凄く多いのでマッチする仕事を紹介してもらえますし、

担当のコーディネーターも優秀な人が多いので、

時給の高い仕事をもってきてもらいやすいです。

1.派遣会社の営業から「この人はダメ」と判断されてしまっている

仕事を紹介してもらうためには、派遣会社の営業との相性は非常に重要です。

登録の面談時間がやたら短かかったり、

エントリーした求人の内容説明の後に、

「紹介できるものが出てきたら連絡します」

といったような冷たい対応を受けたりしたことありませんか?

営業の対応が素っ気ない場合「この人はダメ」と、

社内選考で判断されてしまっている場合があります。

この社内選考というのがなかなかくせもので、

これは派遣会社の営業マンの主観で決められてしまっていることが多いのです。

派遣会社の営業マンがあなたの信頼性に疑問を持っていると、仕事の紹介はされません。

具体的には、

「紹介してもすぐに辞めるんじゃないか」

「条件ばかり主張して扱いづらい」

と思われてしまわれている可能性があります。

たとえあなたがスキルを満たしている求人でも、

今回は別の人に…とされてしまうことがあるのです。

2.派遣会社が扱っている求人とあなたの年齢・職歴がマッチしていない

あなたの過去の職歴や、

スキルが企業の募集内容とマッチしていないと紹介してもらえません。

例えば、「条件に合う事務の求人があったから登録したのに、その後に全く紹介がない…」

なんて状態になっていないでしょうか。

派遣会社によって扱っている求人分野は違い、求人の数もまったく異なります。

派遣に登録しさえすれば仕事を紹介してもらえるわけではなく、

自分のキャリアや条件に合う派遣会社を選ばないといけないということですね。

例えば、事務系の求人を探して派遣会社に登録してみたら、

その派遣会社はエンジニア専門派遣会社だった…なんてこともあります。

(派遣会社の専門分野なんて普通知りませんよね)

今使っている派遣会社から思うように仕事の紹介がない場合は、

その派遣会社がメインで扱っている求人の種類について確認してみましょう。

>>派遣会社から仕事を紹介してもらえない原因(一覧)へ戻る

3.あなたを担当している派遣会社営業のスキルが低い

派遣会社の担当営業から、顔合わせ対策を話してもらっていますか?

自分のスキルが問題のないレベルでも、

担当の営業スキルが低いと顔合わせで落とされてしまう可能性が高いです。

派遣会社の営業は入れ替わりが激しく、経験のない営業が多いので、顔見みせで何も教えてくれない人もいます。

逆に、優秀な営業は、顔合わせの流れから資料の事前説明まで細かに行います。

これまでの顔合わせでの経験談、説明でつまずきやすいポイント、対応の仕方を教えてくれます。

何より、緊張させないための雰囲気づくりが上手です。

合いの手を入れたり、説明不足と感じたことは補足したりして、場の空気を凍りつかせません。

質問に対してマイナスの回答をしてしまっても、その答えにスポットが当たりすぎないように、良い印象付けを手伝ってくれるのでとても心強いです。

Sponsored Links

派遣会社から仕事を紹介してもらうための対策

派遣会社からスムーズに仕事を紹介してもらうにはコツがあります。

↓具体的には、以下のような対策方法を知っておくと良いですよ。

1.応募する求人を「自分で決める」はNG

求人は「派遣会社の営業と相談しながら応募先を決める」が基本です。

自分の中で「これをしたい」と思っていても、その仕事がなかったら無意味です。

仕事を紹介してもらうためには、派遣営業との打ち合わせが重要です。

優秀な営業は、自分では気づいてなかったことを。
客観的に冷静に見て教えてくれるので可能性が広がります。

希望条件をゆるめたり、広める方法もありますが、営業から勧められた求人に応募してみるのも1つの方法です。

そもそも、派遣会社の求人数が少なくては、仕事を紹介できない可能性が高いです。

派遣会社を選ぶ際には、多くの求人の選択肢を持っている派遣会社を使うことが大切です。

2.派遣会社は3社以上に登録するのが鉄則

また、派遣会社は「一社に限定して使う」必要はありません。

派遣会社側も私たちスタッフが複数の派遣会社を使っているのは百も承知ですし、

何社か使ってみて相性の良さそうなところを見極めるのはとても大切なことです。

(単純に、たまたま担当コーディネーターと性格的な相性が悪い…ということもあります)

なので、派遣会社は最低でも3社程度は同時進行で使うようにしましょう。

何社使ってもお金がかかるようなことはないですし、

たくさんの仕事の選択肢がある方が、自分に合った仕事を見つけやすいですからね。

Sponsored Links

-派遣社員の転職活動

© 2021 ストレスフリー派遣のすすめ